スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽屋裏

P9160067.jpg イケメン健在(2013.09.16)

「おっ、そろそろ出番か」
「シロさん、寝癖だけなおしときましょーかぁ」

うそです。消毒用のスプレーです。
シロ、おなかにできものができちゃったんですって
スポンサーサイト

残暑お見舞い申し上げます。

IMG_8548.jpg ワカメちゃん(2013.07.28)

須磨も暑いの…。

2才になった子どもたち

2011年春におたる水族館で生まれたゴマフの子どもたち。
「げんき」「ゆうき」「みらい」「のぞみ」
東日本大震災で被害にあわれた方へエールを送る意味で命名されたそうです。
今ではみんな旅立って、別の土地で生活しています。

げんき:サンピアザ水族館(札幌市)「ゴマ」に改名(コツメカワウソとかぶるから?)
ゆうき:マリンピア松島水族館(宮城県)
みらい:鴨川シーワールド(千葉県)
のぞみ:おたる水族館 アザラシショーに出演中(得意はハイジャンプ♪)

2 仙台でゆうきに会えました!(2013.06.03)

震災とアザラシというと、象徴的な存在がアクアマリンふくしまの「きぼう」。
(今年生まれたきぼうの妹は、やはり復興を願って「みらい」と名付けられたそう)
そのきぼうは今月、浅虫水族館(青森県)に婿入りするとの事。感慨深いなぁ。
それぞれたくましく育つ子どもたちの姿は、素晴らしい贈り物ですね…

セイウチのキバ

P6114616.jpg セイウチにあってアザラシにないもの!

それはキバ。
セイウチはオスにもメスにもあって、
しかも抜け替わる事なく一生伸び続けるそうです。

P6115237.jpg P6115224_20130419174241.jpg

2012年6月@鴨川シーワールド
この3頭はファミリーだったと思います。
子どもではまだキバが見えませんが、ダンナは立派なモノをお持ちですな。

水族館にいるセイウチにはキバのない子が多い印象です。
実は、虫歯などになって抜く事がよくあるとか。

このキバ、何のために生えているのかと言うと、
海底の貝を掘り出すのに使う… と、私もずっと思っていたので
飼育下ならいいけど、もし野生のセイウチがキバを失ったら
餌をうまくとれなくなって死んでしまうのかなぁ…と疑問でした。
でもそういうわけではないようです。
 ↓
どうぶつのくに.net セイウチ館長 荒井一利のアイ ♡ 鰭脚 vol.1セイウチのキバ

KA2Z0636.jpg KA2Z0682.jpg

2012年12月@八景島シーパラダイス

年末BUCK-TICK武道館ライブのために上京して
丸1日時間があったので京急で八景島まで行って来ました!
とても広い水族館で、セイウチは6頭。
「ふれあいラグーン」にはピコ&マメ(いずれも♀)。
本館には20代前半のセイタ(♂)&ウチ(♀)。
ショーにはモコ&アコ(名前からすると♀)が出ているとの事。

私はほとんどずっと「ふれあいラグーン」にいました。
(ここにゴマフアザラシプールがあるので!)

KA2Z0175.jpg KA2Z0186.jpg

セイウチのふれあいタイムです。
何歳なのかな〜、まだ小さい。とてもおちゃめで可愛いマメちゃん。

KA2Z0188.jpg お客さんの前を歩いてセイウチタッチ。

マメちゃん、顔がエライ事になっていました
飼育員さんに伺うと、キバにバイ菌が入って化膿しているそう。
その膿が阿蘇山の噴火みたいになった状態らしく… 痛々しいですね。
なるほど、セイウチの虫歯ってこういう事なのか…

KA2Z0193.jpg 皮がだぶだぶ。

寝転ぶと、かなり痩せてしまっているように見えます。
お口の健康が全身の健康の基礎やと歯医者も言ってたぞ
セイウチにも進化した口腔ケアを 水族館でも8020運動を推進しよう

KA2Z0194.jpg 相方のピコちゃんはすでにキバ抜いたようです。

KA2Z0244.jpg のぞくマメちゃん、好奇心旺盛

この時、マメちゃんは2月ぐらいにキバを抜く手術をする予定で、
それは全身麻酔をかけて行う大手術なのだと飼育員さんに伺いました。

KA2Z0232.jpg またね〜、早くキバ抜いて元気になってね!

KA2Z0771.jpg KA2Z0780.jpg

こちらは本館にいるセイタくん。
飼育員さんが上に乗ってもビクともしない巨体で、キバもこんな。
長くなると、先がクロスしちゃうんですね〜。びっくり。

セイウチって基本的にでかい!ってイメージがあるので
たまにマメちゃんみたいな小柄な子に会うと、やたら可愛く新鮮でした

KA2Z0192.jpg その後のマメちゃんですが…

実は、手術中に亡くなったそうです。

八景島シーパラダイス セイウチ「マメ」について

なんで突然、昨年のセイウチの話をUPしたかというと、
今日になってマメちゃんが死亡していたのを知ったからです。

死亡原因は書かれていませんが、
たとえ最新設備で複数の名獣医プラス麻酔医がついて手術したとしても
突然、想定外の反応が起こる事もあるかも… 元は野生動物ですしね…

マメちゃん、その名のとおりちっちゃい体でおちゃめに頑張っていた姿を思い出します。
パール、ギョロ、クララ、丸子、みにら、アズキ、マメ…
1回だけしか会えなかった子も、亡くなるととっても淋しいですね。
みんな今は、つらい事は何もないお空の海で、元気に泳いでいるかなって思います。

※画像はクリックで拡大します

デパ地下

IMG_8362.jpg 窓の外には大阪港。

海遊館の新・体感ゾーン「北極圏」ワモンアザラシ展示、
雰囲気としては「きれいなショーケース」。
デパ地下だったら大阪三越伊勢丹のケーキ売り場って感じかなぁ。

ワモンアザラシは
オホーツクとっかりセンター、おたる水族館、鴨川シーワールドでも見ましたが
好みは分かれるところでしょうね。
個人的にはやっぱり屋外展示が好きですが、温度の事もあるしね…


※画像はクリックで拡大します

海遊館(3/29)その4 孤高のパグ犬・フブキくん

IMG_8412.jpg フブキ(♂)

<海遊館の個体紹介より>
推定年齢6才。顔が黒っぽく鼻の上辺りにしわがある。
他のアザラシと常に距離を置き、近寄ると「ガーッ」と威嚇する。
一番大きなオスであるがとても怖がり。

IMG_9082.jpg IMG_9400.jpg

黒いクシャ顔が特徴です。
公式ブログでも “お客様にも「犬のパグみたい。」とよく言われています。”
と、紹介されています。

基本的にワモンは猫顔だと思うんやけど(ゴマフは犬顔、ハイイロは馬顔)
こういうクシャ顔の子っているんよね〜。
このタイプ、パグ犬とアザラシが両方好きな層にとっては、たまらないはず
…ってどんだけニッチな需要や

テリトリー意識がとても強く、いつも縄張りを見張っています。

IMG_9484.jpg 何人たりとも国境を越える事は許さん。

お陰様でメスにはぜんっぜん モテない そうで。繁殖期なのにねぇ
でも常日頃威嚇されまくっていたら、
急に近づいて来られてもメスとしては当然、拒否るよねぇ

IMG_8820.jpg IMG_9396.jpg

この日はかなり長時間、陸場でお昼寝。
雪をかいたりはしていましたが、それほど活発には動きまわらず。
ドームに深く潜っているところも見かけませんでした。

IMG_8817.jpg IMG_8951.jpg 輪紋模様が見事

いかにも野生生まれのワモンらしいワモンという印象の子です。

ハードボイルドな俺には女も友も必要ないぜ! 黙って魚をよこしな!
孤高の一匹狼…じゃなくて、孤高の一匹パグ犬だぜ!
吹雪 吹雪 氷の世界〜(by 井上陽水)
渋い、渋いぜフブキの兄貴ィ!

IMG_8947.jpg …でも下半身は意外と無防備なタイプ?

そんなフブキくんですが、給餌の時は実にお利口さん。
飼育員さんの出すサインによく応えて
いろんな訓練メニューをこなしつつ、とても順調に食べ進めていましたよ。

IMG_8460.jpg IMG_8466.jpg トレーナーさんグッジョブ!

フブキくんは一見、このコワモテゆえに…
怖いとか不細工とか変な顔とか! ガキンチョどもにいろいろ言われるねん
本人は人間に何と言われようがまったくどうでもいいと思いますがね〜、
でもワモン女子に不人気なのはね〜、問題やな!

来年の繁殖期にはもうちょっとモテるといいけど… 心配やわ。
フブキ、あんた今から婚活したほうがええで。

IMG_8388.jpg 次回はラブラブカップル、ユキちゃんとモヤくん。


※画像はクリックで拡大します

ワカメ、冬から春へ

あっという間に桜も散ろうとしています…

IMG_2806.jpg 冬ワカメ@スマスイ(2/17)

六甲山から届けられた雪に大喜びではしゃいでいました。

そして今、春はアザラシたちの換毛期。

IMG_8341.jpg 春ワカメ@スマスイ(3/28)

そろそろ1才になるワカメちゃんは、
ホワイトコートの後の初めての大人の毛が抜け替わります。


※画像はクリックで拡大します

海遊館(3/29)その3 謎の微笑み・アラレちゃん

IMG_8597.jpg アラレ(♀)

<海遊館の個体紹介より>
推定年齢7才。目が大きく体も大きい。
もっとも用心深い性格で、よく水面に直立して周囲を観察している。
怒ると水面を叩いて水をかけてくる。

IMG_8358.jpg IMG_8363.jpg

アラレちゃん、それは隠れているつもり…???

IMG_8361.jpg

警戒心が強く、ちょっと怖がりな子のようです。
この日私が見ていた間は、陸場には近づかず、ほとんど底に潜っていました。
水中のほうが安心するのかも。
必然的に ドームのアイドル と化していて、
下のフロアは終日「アラレちゃん撮影会」。

IMG_8577.jpg 笑っているような顔。

「カワイイ〜」「めっちゃ癒される〜」と人間たちはメロメロです。
でもワモン女子は基本、気が強くて小悪魔 ですから!
アラレ嬢もこの笑い顔の裏で何を考えているのか!?
タイ人の微笑みは13種類あるっていうしな! でもアラレはロシア人やけどな!

IMG_8586.jpg「うふふ〜 お客さん、いいコいるわよ」(すんません…)

騙されたらアカンよ! いやむしろ騙されてみたい!
まぁ人間には笑っているように見えるというだけで、本人は心外でしょうけど。

IMG_8639.jpg ラブラブしている2頭もいます。

ワモンも繁殖期ですが、アラレちゃんはその気がないみたい。
オスがかまおうとするたびに撃退し、また撮影モデル業にいそしむのでした。

IMG_8468.jpg IMG_8481.jpg

給餌が始まって飼育員さんに呼ばれても、
アラレちゃんだけなかなかやって来ませんでした。
飼育員さんが海氷フロートに乗って近づいてあげると、ようやく食べ始めます。
性格が分かりますね〜
お客さんの前で陸場に上がって食べるようになるには、時間がかかりそうです。

IMG_9037.jpg アラレ、用心深いの。

アクリルドームでの “水中笑顔” もなかなかフォトジェニックですが、
アラレちゃんはよく直立もしてくれます

IMG_8889.jpg IMG_8903.jpg

立ち泳ぎで周囲をくまなく観察中のアラレ嬢。
見事なポージングに大興奮であります!
ワモンの立ち泳ぎ姿、ほんま大好きなんですよ〜。
これを見た瞬間「あぁ… 海遊館さん、ありがとう」と手を合わせたくなった

新展示の公開前、ワモンは3頭と聞いていたのですが、
もしかしたらこの子を出せるかどうか微妙だったのかも知れません。
早く環境に慣れて、雪かきなどもできるようになればいいですね。
がんばれ、アラレちゃん!

IMG_8878.jpg 次回はたぶん、フブキくん。

※画像はクリックで拡大します

海遊館(3/29)その2 ワモン展示の全体

前回の続きです。
あの長い行列に並んで、やっと中に入れましたよ〜! はぁはぁ
今までの見学順路は「ふあふあクラゲ館」で終わっていましたが、
新展示エリアはさらにその先です。
ショートカットできないから、たどり着くまでめっちゃ遠いよ〜! はぁはぁはぁ

新しくできたブリッジ(「ふあふあクラゲ館」からの渡り廊下)。
ここから北極圏の海氷の下に入っていくイメージですね。

IMG_8351.jpg なかなかムーディーな空間

ここを歩くと、気分はクリオネ〜。
うふふ、私は素敵な「流氷の天使」よ
と、両手をひらひらさせつつスキップで進むと(っていうのはウソやけど)
前方の天井に 巨大なワンデーアキュビュー が。

IMG_9300.jpg IMG_8696.jpg

下ではみんな輪になって撮影会状態。
フラッシュ禁止じゃないのか? 焚いている人がけっこういましたが…
(上階にいた時もプールの底からのストロボ光で何度もドキッとしました)

IMG_8589.jpg ご対面〜!

みなさんの代表的な感想の声。
「やばすぎるぅ〜!」「丸すぎるぅ〜!」「笑ってるぅ〜!」
おばちゃんは日本語の将来が心配や

IMG_8711.jpg IMG_9306.jpg

吊り下げ式・一体成形のアクリルドーム型水槽として世界最大級だそうです。
西日本で初めてのワモン、しかもこの角度から見られるというのは画期的ですね。
潜ってくる時、浮上する時、立ち泳ぎの時、どれも面白い。

IMG_8664.jpg 繁殖期の2頭のラブラブな様子も観察できます。

ラッキーだったら真下から交尾を見られる可能性も?
見てみたいなぁ! まさに「愛の水中花」やね!(古い…)



次に順路は、エスカレーターで上階へ。
いよいよワモンプールだモンモ〜ン(はっ…)

IMG_8846.jpg あっワモンちゃんだ! めっちゃひっそりやね…

IMG_8375.jpg IMG_8355.jpg

わぁ〜、明るいなぁ
本館からずっと暗い所にいたので、急にぱっと開けた感じは爽快!
2方向は海に面したガラス窓。
といっても大阪港なんで、景色は工業地帯って感じでアレやけど〜。
夕日や夜景が見られればきれいかも知れません(海遊館は夜8時まで)。

IMG_8527.jpg IMG_9008.jpg

帆船型観光船サンタマリア号の船着き場に隣接しています。
さすが天保山ハーバービレッジ、商売がうまいぜ。
デッキにいる人たちまでよく見えて、たしかにちょっと乗ってみたくなる。

IMG_8390.jpg ゆかいそうかい快湯館

大阪港に面したスーパー銭湯の大浴場みたい…
うーん、ワモンがこんな所にいるのは不思議というか何というか。
さっきまでの北極圏の雰囲気演出はいずこに

全体の造りは館内にあった模型で確認できました。予備水槽もあるようです。

IMG_9117.jpg お、ちゃんとアザラシも4頭おるよ。

この順路の先にはエイ、サメ、カメの巨大タッチプールがあるので
「早くさわれるとこ行こー!」と大人を促す子どもさんを多く見かけました。
観覧スペース=通路なので、あまり落ち着いて見られる感じではないかな。

IMG_8445.jpg 反対側から見るとこんな。

こちらは仕切りパネルが低く、水槽とつながった空間。
ワモンアザラシと同じ寒さの中で“においや音を体感する” というコンセプト。
でも実際、アザラシってほとんどにおわへんしなぁ。
雪かきや腹たたきの音、鳴き声は間近でよく聞こえてGOODでしたよ!
とにかく、距離はめちゃめちゃ近いです。
ただ、水中も陸上も、ちょっと視線を避けられるような場所はない感じ…
いっそ穴掘って隠れられるぐらいの雪山を作ってあげたいですね



IMG_8426.jpg IMG_8391.jpg

水槽は床面製氷設備と降雪装置を備えています。ゴージャス
室温は14℃なので大した寒さじゃないけど、
観覧側に立っているとエアコンの風がガンガンきます。
「うわ、さぶ〜。ここ夏はええやろなぁ」との声多数。涼みに来たいもんやね。

IMG_8433.jpg IMG_8509.jpg

ザクザクザク… ワモンがいかに雪穴掘りが好きか というのはよく分かったよ!

IMG_8546.jpg 人工の雪なのでこんな形なんですね。

IMG_8451.jpg お待たせ! ごはんですよー!

IMG_8482.jpg IMG_8498.jpg

給餌はマンツーマン。4頭同時なので壮観です。
中央の海氷フロートの上の飼育員さんは、グラグラするのでちょっと大変そう。

IMG_8489.jpg 順調にサインに反応して回転などもしていました。

一番手前の1頭を見ていましたが、とってもお利口さんな印象。
この子たちはバックヤードで2年ほど飼育されていたそうなので、
飼育員さんが手塩にかけて訓練していたんでしょうね



残念な事に、見学客のマナーは決して良くありませんでした。
枠の上に乗る、大きな声でアザラシの注意をひく、立ち入り禁止のロープを無視するなど。
とくに春休みで子どもさんが多いからですが、
親御さんもフロアにいる監視スタッフも、ほとんど注意する場面を見なかったし…。
そういう意味ではハラハラし通しで、安心して展示を楽しむ事ができませんでした
ぜひ改善して欲しいなぁ。

とまぁ、ワモン展示の全体はざっとこんな感じ。

P3290402.jpg 次回からは4頭の紹介をしてみたいと思いますよ

※画像はクリックで拡大します

海遊館(3/29)その1 こんにちワモン!

いや〜もう… 更新しない間にアザラシにもラッコにもバクチクにも
それはそれは、いろんな事がありました

そして今は、あ〜っという間の春休み!
話題の海遊館「新・体感エリア」に行ってきました。
もうね、毎日毎日FBでゆるキャラが洗脳するもんですから
↓ こいつ
544517_514724651904267_659801812_n.jpg

私こういうゆるキャラまったくダメなので
「ちっ! またこんな売り方かよ。お子様商売しやがって」
と苦々しく思ってたんやけど
ワモンちゃん語(「みんなに会いたいモン~ッ!」とか)も
連日やられるとだんだん抵抗なくなってしまい…
いやぁ、慣れって怖いよなぁ、としみじみ思う春なのであります。

それはさておき今回は前フリって事でケイタイ写真です。
私のケイタイはすごい年代物なので画質は問わんといてね。
(クリックで拡大します)

TS3V0007.jpg 最寄り駅・地下鉄中央線「大阪港」の出口。

おお、さっそくワモン気分が盛り上がっちゃうモン(はっ…)
ここから海遊館まではちょっと歩くよ−!

TS3V0008.jpg おっとぉ

開館前に着いたけど、めっちゃ並んでる… 平日とはいえ春休み。

TS3V0009.jpg 当日券いいなぁ。

私のは値上げ前に買った前売り券(ジンベエザメの写真)だったので
前に並んでいた親子さんに撮らせてもらった
ちなみにお父さんの券はイワトビペンギンでした。

海遊館に来るのはバレンタインデー以来です。
いつものお気に入りはラッコ、ゴマフアザラシ、キングペンギンの赤ちゃん。
この日はすごく混んでいたので、
新体感ゾーンのチェックとワモン4頭の個体識別さえできればいいかと。

PAP_0000.jpg 中の様子はまた次回だモン


ワレワレハ、ウチュウジンダ。
PAP_0000-uc.jpg
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。