スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢見る宇宙

ようちゃんは、夢見てますか?

SDIM1059.jpg SDIM5707.jpg SDIM1060.jpg
photo by Shohee Murakawa


※画像はクリックで拡大します
スポンサーサイト

一部封印中

過去記事を一部、ブロとも限定公開にしました。
ブロとも申請は受け付けていませんので、実質、非公開状態になっています。

 2012/03/21 なぜなに? 露出の謎、解明
 2012/03/26 なぜなに? アザラシの妊娠について
 2012/03/31 なぜなに? おっぱいについて &赤ちゃん誕生!
 2012/04/20 なぜなに? 電気アザラシは乳飲み子の夢を見るか
 2012/04/28 鳥羽水族館 ライブ配信でカウチアザラシ

アザラシの生態などに関する質問フォームへのご回答を
海遊館と鳥羽水族館の飼育員さんから戴いたのですが、
承諾を得ずにその一部を記事中で公開していました。

初心者ゆえアザラシについての知識が増えるのが楽しく、
多くの人とシェアしたくて載せたのですが
個別の質問への回答が、勝手にブログで公開されてしまうという事について
深く考えていませんでした。すみません…
今後許可を得ることがあれば、記事を再度公開するかも知れませんが、未定です。

お客様、こちらへ!

もっといろんな種類のペンギン画像、ないかなぁ と思って探したら、
2010年と2011年に旭山に行ったときのがありました。
キングの親子に、イワトビ、フンボルトもあった。ワーイ。

はっ…
ペンギンにうつつをぬかしている場合とちゃうやん。
アザラシ全然、更新できてないやん。
というわけで…

P9291358.jpg

君たち鳥類とは距離を置くことにするよ。


※画像はクリックで拡大します

須磨海浜水族園(6/2)その1 スマスイのペンギン

この記事はブロとものみ閲覧できます

京都水族館(5/28) ペンギン占い

P5282935.jpg P5282930.jpg

京水の空飛ぶペンギンさんたちは、上空からガンつけてくるので
そのいかつい視線、しっかり受け止めてあげましょう。

P5282940.jpg

換羽中でえらい事になってます。
見ているこっちが、かゆくなってきますねぇ!

P5282942.jpg

ここの子たちはケープペンギンで、
スマスイのマゼランペンギンと同じフンボルトペンギン属。
ペンギンの種類は、16〜18種(亜種の扱い方によって違う)もあるんです。
ちなみに脱走&マッチョで有名になった葛西臨海水族園のペンギンはフンボルト、
話題のすみだ水族館にいるのはマゼランです。

そういえば先日、ネットで ペンギン占い というのをやってみたら
私は スネアーズペンギン でした!
「強風の吹き荒れる海域のど真ん中にあるスネアーズ島にしかいない。
 地球上で最も会いにくいペンギンと言われている」のだそうです。
周りから見るとかなりの変わり者で、孤独を装っているらしいよ
しかも
「天敵のオットセイはフィヨルドランドペンギンの事は海でしか襲わないのに、
 あなたのことは陸上でも襲ってきます」
………か、かわいそう、私

ところであなたは、どのペンギン?


※画像はクリックで拡大します

すいぞく折り紙

スマスイでは、ボランティアさんによる折り紙教室が行われていて
いろんな海の生物の折り方&見本も展示してあるのですが、
その中で折るのが一番簡単な生物は何だと思いますか?
(ちなみにウミガメは意外と難しいよ!)

P5222305.jpg

基本中の基本は、イルカなんです。
最初に教わるのがイルカで、「すっごい、簡単ですよ〜」と言われたものの…
折り紙とかあやとりとかが、悶絶死するぐらい 苦手な私は
イルカすら必死に練習しないとムリです! ツルでも失敗するもん!
(これ言うとたいてい苦笑されるんだぁ〜
ペンギンはイルカの応用で折れますが、その段階にすら達していません。

家でちまちま、出来損ないな風情のイルカを折っていたら、
夫が「これちょっと改造したらアザラシになるぞ」と言って
勝手にこんなんしてました

P5212301.jpg

夕日に向かって、哀愁漂うイルカとアザラシ。
作品タイトルは「海へ還りたい」だそうです

折り紙って、とても数学的かつ立体的な思考力が必須の世界ですね。
空間把握能力とも密接な関係がある気がします。

私は極度の方向音痴、地図がまったく読めない女。
加えて手先は超不器用、家庭科と代数幾何の成績は最悪でした。
つまり、折り紙をするための能力が決定的に欠如しているんやな!

P6023018.jpg

上手な方が折るとこうなります。ピシッとしていてキレイですねぇ。
七夕イベントで笹飾りに使うんですって。

私と折り紙の間には〜 深くて暗い川がある〜
誰も渡れぬ川なれど〜 エンヤコラ 今夜もイルカ折る〜

脳内BGMは長谷川きよしです。
私も一日も早くこの試練(イルカ)を克服して、
ペンギンとラッコとアザラシが折れるようになりたいものだ。


※画像はクリックで拡大します

至福の柑橘系コンビネーション

P6282289.jpg

降臨! リーガロイヤルホテル、メリッサのクローネ様。
合わせる紅茶はトワイニングのレディグレイ英国版。


※画像はクリックで拡大します

BUCK-TICK×氣志團 One Night Carnival

パレードが来たよ! なんばの街に。
今日家に帰らないって家族には言ってきた(大阪の実家に泊まるから!)
悪い子だ… いや、親孝行だ ←MC知らんと意味不明ですよね

Hatchは2月のZAZ(21世紀のエディット・ピアフ)以来2度目。
対バンが氣志團 って、どうすればいいのか… と思っていたけど
フタを開けてみれば、いろんな意味で面白すぎた。
盛り上がった! 濃かった! まさに一夜の祭り!
語り出すときりがないので語らないけど。

P6282275.jpg

ピックをGetしたのは初めてです。ほしのって書いてます。
オールスタンディングではなぜか毎回、星野さん側にいる気がするのに
自分の視線はいつも

  今 ←→ 櫻 → ときどき兄

なので、右半分ほとんど見ていなかった事に思い至った

でも、ステージをまんべんなく見るのって難しいんですよねぇ…
ウマやウサギぐらい視野が広ければなぁ!
視野はウマで350°、ウサギで360°にもなるらしい。
でもそれ、単眼視野だし… ライブではあんまり意味ないかも?
いやいや、たとえ両眼視野は狭くとも、
鴨川シーワールドで見た シロイルカイルカみたいに
エコーロケーション(Echo Location)ができればええんちゃう!?
そしたら眼であっちゃんを追いつつ、超音波で他メンバーの動きも完璧にキャッチできるやん。
おぉ〜、我ながらナイスアイデア!

P6114517.jpg P6114538.jpg

それにはまず頭部に脂肪を蓄積し、 メロン体を形成せねば
うーん、皮下脂肪や内臓脂肪なら、たっぷりたまっているんだが。
どうにかしてこれらを全部、頭部に移植できないものか…!

P6114521.jpg

↑ この水色の部分がメロン体。
えーと、自分は一応ヒトですが、シロイルカよりもアホです、多分。
アザラシとはねぇ… いい勝負かなぁ?
今年の七夕さまの短冊には、
「次のバクチクライブまでに、頭部がシロイルカになりますように」って
お願いしようと思っています。

P6162008.jpg

スマスイのミューちゃんと私とでは、どちらが知能が高いのか!?


※画像はクリックで拡大します

よいこのどうぶつずかん

PAP_0003.jpg

地元のカフェにて。
宇宙人の一団じゃないよ、アボカドの種です!
芽や根が出ると右のようになります。

ここは本や雑誌がいっぱい置いてある店なのですが
この日私が茶をしばきつつ、夢中になったのが子ども向けの古い動物図鑑。
昔の図鑑って、挿絵に味があっていいですよねぇ!
切手だって、最近のはとてもきれいだけど、いかにもデジデジしているのに対して
昔の切手は、絵柄にもっと味わい深さがあったと思うな。

で、動物図鑑とくれば、アザラシをチェックです!

TS3V0012.jpg TS3V0015.jpg

いやぁもう、たまりませんね、このタッチ。なぁんてレトロで愛らしいんやろ

TS3V0014.jpg

しかも、こんなおいしい解説もあった!
「かなり速く歩きます」というアバウトすぎる表現 もいい!
アザラシが「そりのようにすべって進む」のは、氷上でのことを言っているんでしょうね。
ふつうの地面では「いもむしのようにへこへこ進む」が正しいぞ
しかも「からだをくねらせて泳ぎます。」って…
などと、ツッコミを入れながら楽しんでいたのですが…

TS3V0013.jpg

えっ… これ、知らんで! ふいりあざらし???
そ、そんなアザラシ、いたっけ
体色といい模様といい、こんなん見たことないんですけど。
後ろのほうの解説ページで確かめてみましょう。

TS3V0019-seal.jpg

このページには、

ふいりあざらし/バイカルあざらし/くらかけあざらし/あごひげあざらし/たてごとあざらし/はいいろあざらし/かにくいあざらし/ロスあざらし/ひょうあざらし/ウェッデルあざらし/たいへいようモンクあざらし/たいせいようモンクあざらし/ちちゅうかいモンクあざらし/ずきんあざらし/きたぞうあざらし/みなみぞうあざらし

が載っていました。ゴマフは別のページです。
しかしこのハイイロアザラシのイラストだけ妙に写実的というか、
めっちゃおっさんくさいのよ
他のアザラシみたいに、もうちょっと可愛く描いてあげて欲しかった。

それはともかく「ふいりあざらし」とは何ぞや?

TS3V0018.jpg

だそうです。うーん、わからん。でも小型のアザラシなのね。
子は白くて、バイカルに近いということは…ワモンにもかなり近い?

後で調べると、フイリアザラシというのはなんと、
ワモン(輪紋)アザラシの別名 ですって!
この図鑑、30〜40年ぐらい前に出版されたものだったと思うので
当時は「フイリ(斑入)」のほうがポピュラーだったのかも…?

あざらしといっしょ! アザラシの分類
ウィキペディア ワモンアザラシ

でも挿絵のアザラシ、あまりワモンに見えないんですが…
それは、やっぱり私がまだアザラシ初心者だからですか!?
お姉さま方〜!

「あら、ぱっと見てこれはワモンね、ってわかりましてよ」
「フイリがワモンの別名だと知らなかったんですって? … クスクス」
「そんな知識もないなんて、とてもアザラシ好きとは言えないわよね」
「もうあなたとはアザラシのお話、してあげなくってよ」

って感じなんですかぁ〜!?(←気分はすっかり屋根裏部屋の小公女セーラ)

えーと、ちなみに記述で一番ウケたのがこれ。

TS3V0017.jpg

「みなとのあざらし」
ええわ〜 このふっきれた直訳な感じ
でも harbor (harbour) seal って、ほんとはゼニガタの亜種ですよね。
そのあたり、やっぱり時代を感じる。
ところで「みなとのあざらし」、よく「common seal」とも呼ばれるんですけど…

 英語では「ありふれたあざらし」とよばれています。

とか

 英語では「へいぼんなあざらし」とよばれています。

とか、書かれそうだなぁ。
いや、実に正しいよ。正しいんだけど、でも…

TS3V0016.jpg

こ、これは 一体どういう犬? アザラいぬ。
アザラシの語源は、アザ=痣、ラ=之、シ=獣で「痣のある獣」らしいので、
アザラいぬは「痣のある犬」…ってことはないと思うが。それこそ直訳すぎ
いやはや、この動物図鑑にはびっくりさせられっぱなしでした。
次回は閉店まで居座って、隅から隅まで熟読したいぞ!


カフェはここ。川の堤防横にあって、やたらなごみます。
ブログもゆるいぜ!
折々のコバ


※今調べてみたら、アザラいぬ、どうやらパンパスギツネっていう動物の昔の呼び方みたい


※画像はクリックで拡大します

チチさんはさまれる

表題のチチさんとは チチ松村氏 のことである。
先日の移動中、夫と一緒にチチさんの2ndソロアルバム「半音生活」を
車内で延々と聴いておりました
CDは夫が2年前に雑誌「田舎暮らしの本」取材時に戴いたもので、
この時のインタビューは、まさに抱腹絶倒だったとか。
想像できるわ…



実は私、なんと四半世紀以上も前、
『それゆけ茶人』にはまり、ソロライブに行ったことがあるんですよ!
『私はクラゲになりたい』発売記念ライブだったと思うんだけど
会場は心斎橋クラブクアトロ、ゲストは沼田元氣氏(濃いな〜
1stソロアルバム「ふなのような女」は、今も大事に聴いているので
チチさんの取材と聞いて、
思わず夫に託してサインを戴いて来てもらいました

P6242143.jpg

クラゲのマーク付きだったのだ!

さて、「半音生活」を歌詞の細部まで、改めてじっくり聴くと…
「じいさん」のオンパレードで笑ってしまいました
さすが、若いときから "じじいの歩き方" を研究していたチチさん!
摩訶不思議な世界は、大魔境温泉のようです。
夫と私の共通の感想「なんか、世の中すべてがどうでもよくなってくる!」

中に「ジャリジャリムクロ〜」という
意味不明のフレーズが繰り返される曲があるんですよ!
内容は、上野の水族館にいる展示生物についてなんですが、
すごい展開 なので詳しくは触れません!
予備知識なしに聴いてビックリすると楽しいよ
これ半分ぐらい実話だそうで、
"上野の水族館" とは、ずっと前に閉館された恩賜上野動物園水族館のこと。
(現在は同じ場所に 、両生爬虫類館があります)
クラゲ愛好家で有名な方だけに、昔から水族館好きだったんですねぇ。

P4182275.jpg

京水のミズクラゲ工房です。

歌詞から"電気を持った生物" だというのはわかるんだが…
「え〜 何!? 電気ナマズ? 電気クラゲ? 電気ウナギ?」
と夫に聞いても教えてくれず、後ほど歌詞カードを確認すると
曲のタイトル、ズバリ「電気ウナギ」でしたが!
このアルバムには「くらげの唄」という曲も収録されています。
水族館好きの方はぜひ聴いて、チチさんワールドを体験して下さいね!
もう戻れなくなっちゃうよ

2W9A2913.jpg

あ、「チチさんはさまれる」というのは
私が95年当時バイトしてた雑誌にチチさんの記事が載ったときの小見出しです。
チチさんがインタビュー中、
机とイスの間の狭いスペースにはさまれてガマンしていたという話。
以来チチさんといえば、反射的に「チチさんはさまれる!」と思ってしまう
もう今さら無理ですが、あんな素敵な大人になりたかったなぁと思う
チチさんはそんな憧れの存在です!


※画像はクリックで拡大します
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。