スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須磨海浜水族園 スーゴとマーゴの、スーゴ

名前から、よく姉妹に間違われるスーゴとマーゴ。
でもちがうんですよ〜!
マフアザラシなので、スーゴとマーゴって名付けられたそうです。

体つきや大きさが似ているので、
水中を泳いでいる時などいまだに「どっちかな?」って思うことも。
ミューちゃんだと間違いようがないんですけどねぇ…

スーゴは背中の毛の色が黒っぽく、頭に白い斑点があります。
顔立ちは、ちょっと面長のおっとり美人。
マーゴはスーゴより胡麻斑が大きく、頭は黒いです。
顔立ちは、鼻筋が上向きでちょっと生意気そうな童顔。

とある夕方、2頭が一緒にエプロンステージで餌をもらっていました。

P7295317.jpg さぁ、どっちがどっちか、わかるかな?

そろって飼育員さんのサインに集中しているところは、可愛いですね。

P7295307.jpg うチュ〜

これも訓練ですので

やんちゃで末っ子気質&好奇心旺盛なマーゴに比べると
「トロい」と言われているスーちゃん。
お気に入りの場所は小プールで、この中に1頭でいることが多いです。

P7224228.jpg

スーゴが、何かと他のアザラシに
とばっちりを受けている 場面をよく見かけるんですよ。
なぜかミューちゃんの気に障って、攻撃されるのは過去に何度も見ましたし。
たまたま通り道にいただけとかなんですが…。
ミューは、マイペースを通り越して、我が強いんじゃないでしょうかねぇ!

P7295444.jpg やりたいようにやってますが、何か。

唯一、心落ち着く場所?小プールも、
シールピースデビュー初日の王子(オスの赤ちゃん)に乗っ取られるわ、
夕方になると暴れたくなるマーゴが何度もスライダーで飛び込んでくるわ、
相変わらずけっこう散々な目に遭っているようです。
こりゃ、薄幸の美女ですね

P7224340.jpg P7224356.jpg

実は飼育員さん曰く、スーゴは「間が悪い」らしいんですよ
たしかにそうかも。うーん、そこがトロいと言われる所以か!

P7295459.jpg

最終の給餌のあと、小プールでくつろぐチビゴマのお嬢さんたち
スーゴは何度もマーゴの体に、顎をのせに行くんですよ〜。

P7295471.jpg P7295511.jpg 微笑ましい2頭。

先日の王子、そしてもうすぐメスの赤ちゃんも加入するので
シールピースのパワーバランスが落ち着くのに、しばらくかかるかも。
トロくて間の悪い美女・スーゴが
あまりとばっちり受けませんように〜と、祈るばかりです!

P7295580.jpg 王子もお姉様方と仲良くしてや!


写真は7/22と29

※画像はクリックで拡大します
スポンサーサイト

今夜の気分で写真を集めてみた

P6114617.jpg 何この人たち。

P6115558.jpg P6115592.jpg

P6130759.jpg



P6104016.jpg 夢見る宇宙。

P6104160.jpg P6104454.jpg P6161691.jpg

P6172110.jpg P6120354.jpg



P6141514.jpg 誰にでも秘密がある。

P6141030.jpg P6141404.jpg P7113199.jpg


…という気分でした。深い意味はないねんけど。





鴨川(6/11)×3 箱根(6/13)
品川(6/10)×3 須磨(6/16) 京都(6/17) 池袋(6/12)
南知多(6/14)×3 二見(7/11)

※画像はクリックで拡大します

移動動物園のアザラシ チーズちゃん

ひと月ほど前、
大阪にある動物系の専門学校の学園祭に行きました。

いろんな園館の飼育員さんに、こちらの卒業生の方がいらっしゃるので
その筋ではきっと有名な学校なんでしょうね。
もちろん京都や須磨の海獣チームにもいらっしゃいます。

前日にチラシを見て、アザラシとペンギンが来るというので
急きょ見学に出かけてみました。

校舎は都心のビルで、B1〜8Fの各階で様々な催しがてんこ盛りです。
ちなみに、この日の目玉イベントは「カイ君トークショー&撮影会」。
ソフトバンクのお父さんです…って、犬が喋るのか!?

P6242186.jpg ビミョーに目立っていないケープペンギン。

P6242189.jpg わかりやすい

P6242196.jpg P6242197.jpg

「イルカのごはんをつくろう!」調餌体験コーナー。
こういう手作り感は、微笑ましいなぁ〜。
スマスイのアザラシたちが大好きなイカもありますよ

P6242214.jpg P6242225.jpg

前から噂には聞いていた、
ドルフィントレーナー専攻の生徒さんによるヤギショーです!

P6242191.jpg ← 何故にヤギなのか?の説明

ヤギが輪くぐりや筒乗りの芸をするところ、初めて見ました。
メスの小町ちゃんは、妊娠中にもかかわらず赤いおべべで頑張っていました。
イルカ実習は和歌山(太地)の施設でしているそうですよ。

P6242212.jpg ヤギもやるなぁ。


さて肝心のアザラシはどこにいるのか?というと…

P6242235.jpg P6242233.jpg

建物の横手に簡易プールが設置されています。
あそこにチーズちゃんが…

P6242150.jpg 小柄な子だなぁというのが第一印象。

P6242175.jpg P6242174.jpg

P6242182.jpg

とてもおとなしくて、従順な子のようです。

チーズは滋賀県守山市にある、堀井動物園で飼育されています。
ここは家族経営の移動動物園で、
この時は若い男性の飼育員さんが来ておられました。

P6242163.jpg P6242160.jpg P6242165.jpg

チーズが堀井動物園に来たのは5年ほど前で、
飼育員さんも「こんなおとなしい子はいない!」とおっしゃるほど
噛み付いたり怒ったりするのを見たことがないそうです。

ふだんは水鳥のいる池の一角を区切ってアザラシプールにしていて
水は井戸水のかけ流しであること、
アザラシ、ペンギンの出張需要は、おもに夏場だけであることなど
いろいろ教えて下さいました。

P6242157.jpg P6242169.jpg

見学客はチーズにサインを出して、
回転、口開け、背伸び、チューなどをさせて、魚をやることが出来ます。

P6242249.jpg P6242240.jpg

エサの魚がなくなると、プールの中をゆっくり泳ぎ回っていました。
水中に手を入れて周回するチーズにタッチ。
写真だけではちょっとわかりにくいですが、検索すると、つべに動画がありました。

P6242248.jpg P6242256.jpg

やがてプールの中央にじっとして、人のほうを見上げています。
触られても、子どもがパシャパシャ水をかけても、じっとしているチーズ。
本当におとなしい子なんですね〜!
それとも魚を期待して、サインを待っているのかも?

P6242261.jpg

「こんな街の真ん中にアザラシが!」という驚きとともに、
ふれあい体験で、みなさんけっこうテンションが上がるようです。
アザラシのかわいさにハマっちゃった〜と言っている学生さんもいました。


私は短い時間しかいられなかったので、その後の様子はわかりませんが
夕方、無事守山に帰ったかな?

動物にとって移送はストレス、身体的負担ともにたいへん大きく、
体調を崩したり最悪の場合はショック死する話も聞きます。
何年も移動動物園にいるチーズは、移送に慣れているでしょうし
繁忙期の夏の間はとくに、飼育員さんが健康管理に気を使っておられると思います。

P6242185.jpg

でも、16才?という、チーズの年齢を考えると
今後は年々、体力でカバーできなくなっていくんじゃないかとちょっと心配。
この夏も、あちこちのイベントに呼ばれるんでしょうけど
チーズちゃん、元気でいて欲しい


※チーズは二見シーパラダイス(1996年?)生まれ。
 母:ヤマダ、父:シャー、妹:ワイン(98年生まれ)は、今も二見で暮らしています。


写真はすべて6/24

なお堀井動物園のゴマフは
チーズの前に、すさみ出身の「ゴマじい」が1年間ほど、
その前には小樽(おたる水族館?)出身の個体が長くいたとのことでした。
また一時期はワモンもいたそうです。


※画像はクリックで拡大します

須磨海浜水族園(7/22) きょどるマーゴ

P7224403.jpg

スマスイのマーゴは、とってもやんちゃな一方で、
ちょっとビビリな一面があるようです。

今では自由自在にウォータースライダーを滑り降りるようになったけど、
ここまでくるのにはメスゴマ3頭の中でも一番、日数がかかったんです。
その間は毎回見学の度に、
「マーゴ、今日こそ滑るか!? 滑るのか!?」と
手に汗握って、ドキドキハラハラ訓練を見ていました。
初めてマーゴが滑るのを見たときは、
「クララが立った と同じぐらい感動したぁ〜、いやほんまに

P7224604.jpg そんなマーゴのびっくり顔。

P7224787.jpg P7224794.jpg P7224790.jpg

何かを見て、きょどってるマーゴ 比較的冷静に眺めているスーゴ。

P7224775.jpg 何、アレは何なのぉ〜!?

目ぇ、まんまる
何が行われていたかというと…

P7224762.jpg お掃除です!

シールピースでの潜水清掃、初めて見ました。
以前は休園日に落水清掃をされていたと思うんですが、
今の時期スマスイは無休だからかな?

ちなみに潜っている飼育員さんの周りで、
まったく動じず泳ぎ回っているのは…当然、ミューちゃんです

P7224752.jpg 潜水中の飼育員さんをガン見。

マーゴは清掃が終わるまでずっと警戒&興奮していたせいか、
夕方遅い時間になっても激しく動き回っていました。
これは私の想像だけど、
数日前に王子(オスの赤ちゃん)が加わって落ち着かない心境の中で
さらにいつもと違う事が起こったから、余計なのかな〜と。

※あんまり関係ないようです
 夕方になると自動的に暴れたくなるらしいw


イレギュラーな出来事への反応に、
それぞれのアザラシの性格が伺えるようでした!

P7224430.jpg スーちゃんはトロい美女。

P7224440.jpg 動じませんねん。


※画像はクリックで拡大します

The Seal Formerly Known As Prince

P7224502.jpg P7224561.jpg

パ〜プルレイ〜ン、パ〜プルレイ〜ンってことで、
北の国からスマスイにやって来たプリンス、お昼寝中(7/22)。

デビュー初日は警戒心いっぱいで、
シールピースに大混乱を巻き起こしていたけど
4日目ともなると、王子もかなり慣れてきたようでした!


※画像はクリックで拡大します

アザラシinロンドン その1 競泳

SDIM6335.jpg 集中していますね。いい表情です。

SDIM6341.jpg

SDIM6337.jpg

SDIM6338.jpg 北島康介!

SDIM6326.jpg 


マーゴに金メダル。

Photo by Shohee Murakawa
※画像はクリックで拡大します

感謝したい 心から 太陽と水と空気と アザラシに

SDIM6508.jpg 私の隣で 微笑む天使よ

SDIM6503.jpg 飛び立つ二人は 星屑ランデヴー

SDIM6447.jpg たった一言 聞いてくれるかい

SDIM6521.jpg そう あなたに会えた喜びに

 心から ありがとう



(RENDEZVOUS ~ランデヴー~ by BUCK-TICK

いきなりですみません…
説明しますと、私がスマスイに行くのに
最寄り駅←→須磨海浜公園駅は、JRで1時間かかります。

★往路:
缶コーヒーなど飲みつつ
写真集(アザラシの写真が載っている)を見たり
PodcastからDLした「のびのび すいすい 水族園」を聞いたりして
徐々にアザラシモード(←どんなモードやねん)にシフトします。

★帰路:
毎回、iPodでガンガンにこの曲をヘビロテします。
 ↓


まぁ〜た、バクチクかいっ と思ったみなさん!
この曲のテーマは
感謝なんですよ、感謝
櫻井氏が、ご自身の娘さんへの思いを歌詞にした
「Baby生まれてきてくれてありがとうパパは幸せだよソング」
なのだよ。
まぁ歌詞読んでみて下さい →うたまっぷ


SDIM6541.jpg SDIM6404.jpg


夕方、スマスイを出るとき、私の頭の中はいつも…

「今日もアザラシたちに会えて良かった!」
「ミューちゃん&スーゴとマーゴ、いてくれてありがとう!」
「今日もアザラシたちが、元気そうで良かった!」
「飼育員さん、ミューちゃん&スーゴとマーゴをお世話してくれてありがとう!」

っていう
ありがとウサギもビックリ の、ありがとうの嵐。
なので、この曲を繰り返し聴いて
アザラシに会えた余韻にひたっている訳なんですね〜!
かなりイタイですかね〜、お花畑!?
でも何度行ってもそうなんですよ。
スマスイからの帰り道、感謝の心に満たされる私は幸せです!


SDIM6512.jpg She's my baby love

ミューちゃんは17歳のおばちゃんアザラシやけど、天使。
ごっつ食い意地はってるし、他の子にめっちゃえらそうやけど、天使。
いてくれてありがとう

いつもしょーもない話を読んでくれる
みなさんにも、ありがとう

スマスイは赤ちゃんアザラシが2頭増えたので
私の "脳内ありがとうの嵐" も
今後は 1.66倍の規模 で吹き荒れることでしょう。
そう さよならが来るその日まで…



ちなみにタイトルはバクチクの曲「Loop」から。



photo by Shohee Murakawa(7/19)
※画像はクリックで拡大します

私はアザラシ工作員

といっても、某国の秘密諜報員じゃないよ、
夏休みの工作だよ!

P7235107.jpg

スノードームです! これ MADE BY MEよ、ME!
今度 「海のスノードームをつくろう」というイベントがあるということで
私も工作員になるべく、スマスイで作り方を教えてもらったのです。

百均でも買える普通のガラス瓶に、
貝は海岸で拾った貝、フィギュアは食玩(チョコエッグとか)、
あとの材料も下敷きや包装紙のリサイクルです。
グルーガンでひっつけて、最後に洗濯のりと水を入れるだけ!

P7235112.jpg P7235103.jpg

材料を聞くと、大人にとってはショボい気がするでしょ?
それがねぇ、作ってる間も楽しいし
予想に反して 出来上がりもなかなか、自画自賛したい感じ
運良くゼニガタアザラシのフィギュアがもらえて良かった〜。
大人もハマる、夏休みの工作!

P7235143.jpg ゼニガタ氏のラグジュアリーな夜。

さっそく、わが家の食卓に飾っています。
洗濯のりの配合を間違えたのか、中の水が白っぽく濁ってしまったので
新しく入れ替えてもっと透明にして、
あとキラキラももっと細かく切って入れ直そう…と画策中。
この夏、一人前の工作員 になれるよう訓練に励むぜぃ!


※画像はクリックで拡大します

『かいじゅうさん、ハイ!』はいい本だ

今日、楽天ブックスから届きました、イェイ

かいじゅうさん、ハイ!
おたる水族館・海獣公園で出席をとってみた。

文 岡林ちひろ 写真 神前和人 絵 角川雅俊
発行 長崎出版



副題のとおり、おたる水族館の海獣(アザラシ、トド、セイウチ、ペンギン)を
順番に出席をとりながら紹介していくという趣向の一冊。

文章こそ小さな子ども向けですが、
個性的なメンバーたちの生き生きとした姿はもちろん
自然の海とつながった海獣公園ならではの "場" の魅力も味わえます。
行ってみたいぜ、おたる水族館!

P7235124.jpg もってみた。

神前和人さんは、海獣ご担当の現役の飼育員さん。

この方の写真は、
私みたいなアザラシ見学初心者にとって、めっちゃ理想的です。

というのは、これあくまで個人的な感想なんですが、
個体を魅力的に見せる "ポートレート" 的な完成度と
周囲の状況や動物の生態の "説明的要素" の
バランスが絶妙 なんですよ。

そして、そういう絵ヅラになる=そういう切り取り方を選ぶ のは、
飼育下の動物たちの生き様や行動の面白さを伝えたくて、
じゃあどんなビジュアルなら一番伝わるだろうか?と
写真を通じて コミュニケート しようとする姿勢が
すごくあるからなんでしょうね、たぶん!

そのへんが、さすが飼育員さんの写真やなぁ!と思うんです。
愛情と好奇心をもって動物を見つめつづけ、
それを人に伝える技術(写真でも現場での解説でも)があるってスゴイことです。

P7235122.jpg のってみた。

前作の写真集『おたる水族館のいきものたち』は、
私はよくスマスイに向かうJRの中で開いています。
アザラシの写真を見て、アザラシに会いに行く気分を盛り上げているのだ
今度の本はさらにひと周り小さいから、電車のお伴にバッチリ!
ワモンとアゴヒゲのツーショットを眺めて
車内でニヤニヤ アブナイ人になりそうなのが心配だが


※画像はクリックで拡大します

真夏は来ぬ

ゴーヤのグリーンカーテンに、今年もお客様がいらっしゃいました。

P7235088.jpg

夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。
命短し、うたえよ蝉くん!
でもうちのベランダで大音量はやめて〜


※画像はクリックで拡大します
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。