スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKY IN YOUR EYES

見上げる瞳に映る
窓の向こう オホーツクの空

SDIM5698-1.jpg photo by Shohee Murakawa

今はもう広い空の下
よかったね ようちゃん

※Click to enlarge image
スポンサーサイト

アドベンチャーワールド(10/5)その4 桜太に会うた!前編

おうたにおうた!
…これ、めっちゃゆうてみたかってん

ゴマフアザラシの桜太くん(通称 おーちゃん)は、
二見シーパラダイスのワインちゃんの息子でです。
移動前日の様子がありました → YouTube
※しかしこのチャンネル主さん、すごい調査能力ですね



桜太くんの親族のみなさんをご紹介します。

IMG_9778.jpg P9083402.jpg

母方の祖父:シャーくんと、母方の祖母:ヤマダちゃん。
ほとんどバックヤード暮らし。

P7113324.jpg P9083813.jpg

父:エリくんと、母:ワインちゃん。
ワインちゃんはこのプールで一番丸っこい 樽型アザラシ です。
現在のところ、ワインちゃんの子どもは桜太くんを含めて5頭。

P7113409.jpg P7113163.jpg

兄:サン太くんと、異父姉:風和(フウワ)ちゃん。
サン太くんはシーパラ内を転々としているそうで、住所不定

兄:笑太(ショウタ)くんは、那須どうぶつ王国にいるそうです。
 → ブログ「動物園へ行こう」再会その2
 → 那須どうぶつ王国 Official Blog「アザラシ笑太」

P7113194.jpg 弟:蹴太(シュウタ)くんは、二見の人気者。

写真は7/11と9/8。
シーパラは2回しか行った事がなく、もし何か間違ってたらすいません〜。

P6242181.jpg 母方の伯母:チーズちゃん。

チーズちゃんはワインちゃんのお姉さんで、守山の堀井動物園にいます。

ワインちゃんの子どもたちは(人間基準で)美形揃いなのだが
二見のとある男性飼育員さんに
「個人的にはどの子が一番美形やと思います?」と聞くと、
「桜太です! 」と即答されちゃいました。
「桜太は、かっこいいですよぉ〜
と、遠い目をするお兄さん。な、なんか淋しそうやね
ともかく、男子をも骨抜きにするほどの子らしい。



そんな桜太くんは、アドベンではふだんの生活は公開されていません。
「アニマルランド」という施設(動物劇場みたいな感じ)で
イレギュラーにショーに出演すると聞いていたので、
ここで日に3回上演される「アニマルアクション」の1回目を見に行ってみます。

PA055336.jpg このステージに次々と動物が登場します。

ステージ、プール、通路、頭上など
あちこちから何かが出現しては去るので気が抜けない

C7D_3076.jpg C7D_3083.jpg

C7D_3081.jpg C7D_3078.jpg

ララララ あひるさん〜 ガァガァガァ ララ ララララ やぎさんも〜 メーーエ
サルとトリとイヌもいますよ。サルはポニーにも乗りますよ。

C7D_3132.jpg ここでの主役はアシカです。

アドベンのショーはトークなし・音楽のみが基本のようです。
イルカとゴンドウの「マリンライブ」もそうだけど、
次々にテンポ良く展開して、ショーとしての完成度は高いですね。
と、いくら言ってもこれは動画で見ないと全然面白くないので、ググって下さいね〜。

C7D_3042.jpg C7D_3110.jpg C7D_3120.jpg

みんな芸達者です。

C7D_3106.jpg C7D_3123.jpg

私は動物にショーをさせるのはあまり好きではないんですけど、
とてもよく練られた構成に感心しました。
ここまでできる調教技術っていうのも、きっとすごいんでしょうね。

…って、え〜、結局 アザラシは!?
おーちゃん、いてへんかった!

建物を出た所で、タイミング良く飼育員さんに遭遇しました。
桜太くんはショーの本編ではなく、その少し前に単独で出るそうです。
(待っている観客のための、前座みたいなもの?)
それもコンディションによってはパスする事もあり、
この日も2回目、3回目のショーの前に出るかどうかはわからない、と。

なかなか会うのが難しい子のようです。
珍しい動物が無数にいるアドベンで、
たった1頭のゴマフを求めさまよう羽目になるとは…

C7D_3142.jpg 後編につづきまーす。


※画像はクリックで拡大します

Hedge hog?

P3171368r.jpg@オホーツクとっかりセンター

※Click to enlarge image

アドベンチャーワールド(10/5)その3 海獣館のアザラシ後編

京水のハマちゃんそっくりな、ゴマフ・F・アザラシ に対して
ゴマフアザラシⒶのほうは、まるで胡麻斑が目立ちません。
黒地に白黄色?の、不思議な毛並み。

C7D_3464.jpg

ぱっと見るとまるで換毛中の時みたいな色の違いです。

C7D_3651.jpg C7D_3650.jpg

この子はよく底に転がってくつろいでいました。

PA055447.jpg めっちゃ無防備にひっくり返ってる

ガラス面と水面の両方が同時に見えるので、
まるでアザラシが2頭いるみたいな不思議な光景に。

PA055448.jpg PA055449.jpg 分身の術〜!

PA055443.jpg

泳ぎ回ってはいたけれど、活発な印象はなかったなぁ。
この子はけっこう年齢がいっているのかも?と思いました。

PA055429.jpg ヒョウアザラシ並の大あくび!

チラ見ですが、歯もちょっと黄色っぽかったか? やはり若くはなさそう。

一番印象深かったのは、何と言っても 爪の長さ
私はアザラシの爪フェチなので、必ずチェックするのですが…

C7D_3417.jpg 武器ですかそれ!?

「エルム街の悪夢」のフレディかっ

飼育下で、あまり爪がすり減らない環境にいるアザラシは
爪が伸びてくると大型犬用の爪切りでカットされます。
犬と同じで、あまり伸ばしっぱなしにしておくと
爪内部の血管や神経も伸びて、次に切る時に痛いし出血してしまうので
そうなる前に、まめにカットするそうです。

C7D_3423.jpg C7D_3427.jpg 1本抜けちゃっていますね。

園館によっては、よく陸場に上がって這い回る、
(岩のような)ゴツゴツした表面の場所に上がる、などで
その摩擦で自然にすり減るので、爪切りはしません。

給餌も見られなかったし、
ここの子たちがどんな1日を過ごしているかは分からないのだけれど…。
あの爪の長さだと、何かに引っかけたらすぐ折れそうで
見ているこっちがハラハラしてしまいますね
アザラシの爪はこんなに長くても、別に生活に支障はないのか、
もしくは何らかの理由で切らない(切れない)のか。

PA055451.jpg PA055455.jpg

反対側の隅っこで寝るのも好きみたいでした。

PA055453.jpg 背中の黄色いスポット。

何カ所かあったこのシミは、薬か何かを塗っているんでしょうか?
とにかく質問したくても、誰もいないのだった

PA055574.jpg 隣はラッコ水槽。

ラッコは給餌解説があったけれど
飼育員さんはバックヤードから出入りされるので、やはり質問するチャンスはなく…

アザラシは見ていてとても面白くて楽しい動物なのに、
ここの シケシケ感 は何なんでしょう…(←あくまで個人の感想です)。
せっかくゴマフが2頭いるんだから、もっと何とかならんのか。
この地味すぎる待遇、アザラシの存在をどう思っているんですか〜!?
おしえて! アドベンのえらい人!

PA055427.jpg この子たちの事、もっと知りたかった。

PA055500.jpg 腑に落ちないの。

ホッキョクグマをはじめ海獣がこーんなに集まっているというのに、
なぜか全体の雰囲気がしんきくさいのは??? すごくもったいなく感じます。
もうちょっと親しみやすい雰囲気で、
知りたい事がわかるような展示をしてくれたらな。
ってか、せめてアザラシの性別と年齢と出身地ぐらいは書いといて欲しい〜!

まぁ客なんて勝手なもので、言うだけは簡単ですが…
うーん、気を取り直して、次、行ってみよう!

(つづく)


※画像はクリックで拡大します

アドベンチャーワールド(10/5)その2 海獣館のアザラシ前編

アドベンチャーワールドでは、朝から赤ちゃんパンダの命名式を見て
無料アトラクションを2つ(アニマルアクション、マリンライブ)回っただけで、
気がつくともうお昼を過ぎていました! ちょ、早っ
まだアザラシには 一頭も 会っていないというのに!

一刻も早くアザラシたちのもとへ急がねば〜と思いつつ、
途中、今度は「ペンギン王国」でペンギンさんのお散歩がぁっ!

PA055416.jpg 立派なキングペンギン。触らせてもらっちゃった

…うーん、欲望に振り回されて、すっかり自分を見失っているぞ
そんな本末転倒な迷走の末、ようやく「海獣館」に着きました。

「海獣館」にはホッキョクグマ、ラッコ、アザラシ、ペンギン、カワウソがいます。
2階建てで、中央の吹き抜け部分がホッキョクグマ3頭のスペース、
それを取り囲む形で、壁沿いに他の動物の水槽があります。

PA055586.jpg 2階から。屋内なので、開放感はまったくないね

PA055395.jpg ガラス面に来たクマとおばあちゃんが楽しそうだった。

PA055423.jpg PA055424.jpg

1階観覧通路は、アザラシ水槽を底から見上げる感じです。
アザラシが1頭、底に沈んで休憩&伸びをしていました。
ここを過ぎて階段で2階に上がると…

PA055426.jpg PA055485.jpg

2階は吹き抜けを囲むドーナツ型。
アザラシ水槽の水面をかなり上から見下ろせます。
しかし、この水槽は地味というか陰気というか… 人工照明のせい?

C7D_3457.jpg

水中を覗き込むと、向こう側にさっき通った1階観覧通路が見えます。
この子は底に沈んでいた個体ですね。
胡麻斑模様はあまりなく、毛色の感じはまるで換毛期のような…
仮にゴマフアザラシⒶとします。

ここには2頭のアザラシがいて、どちらもメスのようです。

C7D_3486.jpg もう一頭の個体。

こちらは仮にゴマフ・F・アザラシとします。
白っぽい色と模様が変わっていて、京水のハマちゃん にとても似ています!

C7D_3473.jpg C7D_3502.jpg

C7D_3477.jpg ね、似てるでしょう?

まさか、おハマとこの子は血縁関係があったりして…。
ゴマフアザラシについての解説は
水槽の上に小さな電光説明板があるだけ、個体情報は分かりません。
それに館内には職員さんの姿が全然なくて、
アザラシの名前や餌の時間などを聞ける相手は誰もいないのだった

PA055464.jpg どういう子なんだろう。

この地味な扱い、かなり淋しく感じます
私は見ていて、ちょっと気分がLowになってしまったよ…

PA267733.jpg 1階にあったリーフレット。

「海獣館の仲間たち」は、おもに海獣たちの体の特徴を解説したもの。
内容はよくまとまっているし、それにイラストがなかなか秀逸です。

PA267739.jpg PA267734.jpg

「ホッキョクグマ」のリーフレットにはアザラシも登場します。
両者は切っても切れない関係ですしね…

PA267736.jpg PA267737.jpg だって主食だもん。

PA267740.jpg PA055393.jpg ……アザラシ?

ここのホッキョクグマは野生から来たのではないので、
アザラシの存在は知らないと思いますけどね

後編につづく。


※画像はクリックで拡大します

みどりのアザラシたちに、さようなら

最近このブログの内容って、
ますます "アザラシバカ" みたいになってきましたね。
というか、ただのバカ?………
そこでちょっと話題を変えてみるのさ。
ついに今日、ベランダのゴーヤネットを外しましたよ!

秋になって葉はすっかり黄色くなっていたものの、
しつこく、いやしぶとく、じゃなくて、けなげにも
小さな実が3つ残っていたので、
かわいそうで、なかなか外せなかったんですよね。

前回のみどりのアザラシレポート では
ミューゴーヤ、スーゴーヤ、マーゴーヤ、コンブゴーヤがいましたが
その後、ちゃんとワカメゴーヤも出現したんですよ。

P9103944.jpg 9/10 あまり日よけになってない

真ん中で葉に埋もれている大きいのがミューゴーヤ、
左端がマーゴーヤ、一番上の高い所にあるのがコンブゴーヤです。
(スーゴーヤはずっと右の端っこにあるので、画面外)
ミューちゃんをもっと太らせようと思って油断していたら…

P9123960.jpg 9/12 げげっ、黄色くなりかけてる!

P9123961.jpg スーゴーヤと一緒にあわてて収穫。

P9123964.jpg スーちゃんの反り返りっぷり には、ほれぼれします。

P9123977.jpg P9123981.jpg

コンブゴーヤとマーゴーヤが残りました。
コンブは成長が早くて、マーゴを追い抜いてしまいました。
さすがオスやわ(いやゴーヤの実に性別などないが)。
頑張れ、やんちゃなマーゴ!

P9153986.jpg 9/15 おっと、また油断した

最終的にもコンブゴーヤのほうがこれだけ大きく育ちました。
形もなんとなく、男っぽいような?

P9184094.jpg 9/18 あっ、小さな実がまた!

ついに出現、あの子は ワカメゴーヤ

P9184096.jpg おお…似ています!

おなかがぽっこりしている感じが、ワカメっぽい。
あ〜、良かった。最後までワカメだけおらんかったらどうしようかと思ったわ。
私以外の全世界の人、誰も気にしてないやろけどなっ!

P9234149.jpg 9/23 あれれ…?

ワカメゴーヤは数日でぐんぐん伸びて、細長くなりました。
今は「ブサカワ」とか言われている須磨のワカメちゃんも、
将来はスーゴみたいな 面長の美人ゴマフ に育つかもよ!?

KA2Z0162.jpg 間の悪い美女(10/24@須磨)

PA045281.jpg 10/4 かなり葉が黄色くなってきました。

もう限界。とうとうワカメゴーヤもチャンプルーの具に。

PA086879.jpg PA126883.jpg 秋や…

気温が下がると共に、ゴーヤの葉もどんどん黄色く枯れ始めました。
その後も3つの実ができましたが、あまり大きくはなりません。
それに日光量が足りないのか、どれも色がちょっと白っぽい。

PA227690.jpg 10/22 最後の収穫。

「ゴーヤの実はアザラシに似ている!」と言った張本人の夫は
これを見て「あっハリネズミや! そっちのはネズミの親子やな!」などと、
またしても勝手な事をぬかすのであった。

PA227678.jpg ひそひそ… ハリネズミゴーヤ。

PA227707.jpg ネズミの親子ゴーヤ。

この子らは、素揚げして塩をふって、ビールのアテになりました。
ふにゃっと感+苦さがあって、なぜか海産物っぽい味。
なんやろう…めっちゃ苦くしたウニの味、みたいな?
ゴーヤを抜いた後の鉢には、
好きな色のチューリップ(黒っぽい紫の濃淡)の球根を植えます。
みどりのアザラシたちよ、また来年の夏に会いましょう!

KA2Z0035.jpg ブサカワって言うなぁっ(10/24@須磨)

あ、あれ…?
話題を変えたつもりが結局、アザラシバカな内容に終始している…


※画像はクリックで拡大します

Sirius

アドベンでは二見のワインちゃんの息子・桜太くんと、
そしてぜひこの子にも会いたいと思っていました。

PA055852.jpg @アドベンチャーワールド(10/5)

ユキヒョウのシリウスくん。2005年6月7日生まれ。
この前月9/14に、たいへん不幸な事故死をしたマユ(多摩動物公園)の
忘れ形見の一頭だという事なので…

マユはたくさんの子どもを産んだ優しいお母さんで、ファンも多かったそうです。
こちらの方のブログに詳しいです →動物園放浪記 もう「マユ」には会えない!

ツアー途中に車の後部座席からだったので、ほんの少しの間だけでしたが
初めて見たユキヒョウという動物は
本当に素晴らしく美しくて…
そしてこんなに金網の中が似合わない動物も、いないんじゃないかと思いました。

種類にもよるでしょうけれど、
動物は自分の親きょうだいの記憶って、どれぐらいあるんでしょうね。


※画像はクリックで拡大します

アドベンチャーワールド(10/5)その1 非日常なアザラシを探して

2005年以来7年ぶりに行って来ました、アドベンチャーワールド。

南紀は私にとって父方の田舎でもあるんですが
同じ関西とはいえ、ほんまに遠い …やっぱり紀伊半島は大きいなぁ!
それなのに今回、無謀にも 日帰りです。強行軍です。
アドベンは中の敷地がめちゃめちゃ広いので
寝不足で朦朧としつつ、さまよっていると(私は極度の方向音痴)
気分はまるで「八甲田山死の彷徨」のようでした

ここはあらゆる面でテーマパーク的というか、
動物版のUSJかTDL みたいな世界が展開されています。
そういう雰囲気って、個人的には苦手なんですけども。

PA055291.jpg PA055640.jpg 非日常すぐる

数十回ものツアー&アトラクションが、1日中同時多発的に行われるので
どうやって回ればいいのか\(@_@;)/ もうわからーん!
これから初めて行かれる方、時間配分を甘く見ていると
私のように現地でパニクって右往左往する羽目になりますよ〜

★アドベンチャーワールド攻略法
 1. 一週間ほど白浜の温泉ホテルに泊まり込んで毎日通う
 2. 修行して分身の術をマスターしてから行く
 3. 優先順位を決めてマストなもの以外は潔くあきらめる

一般的に1と2は無理だと思うので、3がベストでしょうか〜。
ここはひとつ謙虚に 断捨離の心 を学ぶつもりで出かけましょう。
私も次回はそうするよ… しゅん
(↑ 欲張って大失敗して、かなり反省しております)

03190101.jpg PA055957.jpg

左:2001年 右:2012年
看板の絵柄からして、時代の流れを感じますな〜 ちなみに私は左のほうが好きだ。

ともかく当日は早起きして、開場の45分前に到着(うちから193km)。
でも、すでにかなりの行列が…
先頭に陣取るカメラ・三脚・デイパックで完全武装の人々は、
どうやらパンダの追っかけ隊のようです。何時に来たのか、すごい気合いや〜。
たまたまこの日は赤ちゃんパンダの命名式があったので、
遠方から泊まりがけで駆けつけたファンの方たちもいたようですよ。

PA055284.jpg おはようございま〜す!

来場者が一番最初に会う動物は、エントランスドームにいるペンギンたち。

PA055294.jpg またまた、おはようございま〜す!

スマスイにもいるオオハシくんだ
この通路では、それぞれ違う生き物を連れた職員さんたちが
左右にずらりと並んでお出迎え。これはすごく楽しかった!

さて、過去の記憶 では抹消されていたアザラシも
今や動物界の輝けるスーパースター(私の中ではなっ)
この広大な動物王国のどこかに潜伏しているはずの
奴らを見つけ出さなければ… ミッションに血がたぎるぜぃ!

PA247722.jpg PA055288.jpg

と言いつつ、真っ先に見に行ったのは赤ちゃんパンダなんで〜す わはは。

PA055295.jpg PA055309.jpg 命名式で。

私が着いた時はすでに、建物の中はこのように
すごい数の報道陣とパンダファンで埋め尽くされていました。
パンダがいかに人気者か、改めて実感させられましたね〜。
こりゃアザラシはとても太刀打ちできんよなぁ…

アドベンにはゴマフアザラシがいるんです。
今回最大の目的は、チーズちゃん の甥っ子・桜太(オウタ)くんに会う事。
桜太くんはイレギュラーに舞台に出ていて、
屋外プールにも別の子がいると聞いていました。
まぁ前日アドベンに電話で問い合わせた時は、
「アザラシがいるのは海獣館だけです」と言われましたけどね… ふんっ。

結局、3カ所で4頭のゴマフたちを見学できました。

PA055583.jpg 名前不明のメスゴマ×2@海獣館

PA055618.jpg 桜太@アニマルランド

PA055791.jpg ティナ@ふれあい広場

しかし、イルカとホッキョクグマは別格として
他の海獣たちに比べて、アザラシはとことん地味な扱いでしたねぇ
アシカ、ペンギン、ラッコ、カワウソは、
食事タイムやふれあい体験などもあり、それぞれに注目を集めているようです。
うーん、アザラシだけ給餌解説すらなくて、淋しいなぁ。
(以前はトレーナー体験などもあったようですけど…)

でも何回かに分けてUPしたいと思います。
パンダ、ラッコ、サファリの動物たちなども、そのうちに! ←希望的観測

PA055598.jpg 私も非日常してみた。


※画像はクリックで拡大します

須磨海浜水族園(9/22) 音楽とイルカのコラボライヴ

日曜日、大津のびわ湖ホール(←建物きれい!)でのライヴに行ったんですが、
前日須磨でタッチプールをやってちょっと腰にきてしまい…
飛んだり跳ねたり壊れたり〜は、とても無理
重低音が腰痛にバクチクする
ひぇ〜箱ツアーじゃなくて良かったぁ、としみじみ老化を憂える琵琶湖のほとり。
今月、私もまたひとつ年をとりました…

PA064017.jpg PA055531.jpg 昨年と今年の誕生日の思い出。

私はあまり音楽に興味がないほうなんですが
まぁでも実際、どんなジャンルでも生演奏を聴くのは楽しいものですよね。
ヒトデやナマコでも、生きているのを触ると楽しいのと同じで

ひと月前だけど、スマスイでもライヴがありました。
あ、残念ながら今回は ラ・ジョーヌさん じゃないですよ!

秋分の日のイベント
Permanent Fish & SUMA Dolphins
「一夜限りのTWILIGHT SPECIAL LIVE 」


パーマネントフィッシュ =神戸のアカペラボーカルグループ
SUMA Dolphins =スマスイのイルカ
音楽と光とイルカのコラボパフォーマンスショーってところでしょうか。

開場直前に着くと、イルカライブ館の周囲はすごい行列…
人の列がフェリペ夫人(オオアナコンダ)のようにとぐろを巻いていた
一方、向かいのシールピースのアザラシたちは
もうすっかり寝るモードで、ひたすらかったるそうでした

P9224115.jpg オープニングの前かな?

もう座れないかと危惧したけれど(収容人数は1500人)、
なんとか一番奥の端っこのブロックに席を見つけられました。
このイベント、実はすごい人気だったんですねぇ。

P9224125.jpg

前半は演奏のみで、イルカはプールで出番を待っています。
歌っているメンバーがどうにも気になるらしく、
泳ぎながらしょっちゅう顔を出しては しげしげと…
「ニィちゃんらは、魚はくれへんのけ!?」と思っているのかも知れませんが。
イルカの挙動が面白くて、ステージよりそっちが気になってしゃーなかった

L1000223_1.jpg L1000224_1.jpg

夏休み中のトワイライトライブ以来、久々の夜のお勤め本番ですね。

L1000227_1.jpg ほんと、エライもんです。

夜の野外スタジアムでアカペラの生歌&イルカというのは、
ちょっとない組み合わせで、かなり新鮮でしたよ〜。
全体的には、いい感じで盛り上がったんじゃないでしょうか。
私もけっこう楽しめました。

終了後はサイン会もやっていたようなので、ライブ館周辺は遅くまでにぎやかでした。
さてそんな中、アザラシたちはどうしているかと見に行けば…

P9224141.jpg L1000240_1.jpg

L1000231_1.jpg L1000235_1.jpg やっぱりな… 爆睡やな!

暗がりの中のアザラシ も、なかなかどうしてオツなもの。
寝ているかと思ったら、トンネルを出て底の方で泳いでいたり。
でも夜間営業のある夏休み以外は、イベントでもないとこんな様子は見られません。
次はハロウィン、年越しカウントダウンの時ぐらいか?

P9224144.jpg 帰り道、JRの駅の掲示板。

この日のイベントポスターが貼ってあったスペースのようですね。
次のまではとりあえずカメでも貼っとこ、てか


※画像はクリックで拡大します

須磨海浜水族園(10/16) 歯がゆい! SEAL PEACE

須磨のアザラシプール、正式名称は
「アザラシ “ふれ愛” プール シールピース」といいます。
ちなみにドルフィンピースのほうは「イルカ “ふれ愛” プール」だよ。
愛よ愛! おみそれしました。

PA207524.jpg

SEAL(アザラシ)
 P=pleasant
  E=environment
   A=aqua
    C=comfortable
     E=energie

水を通してアザラシと出会い、
(ヒトもアザラシも)両方がリラックスしながら
楽しく心地よい環境と時間を過ごせる施設… との意味だそうです。深いぞ!

KA2Z0576.jpg KA2Z0190.jpg

屋外なのでいつも日当たりが良くて、
スマスイテーマソングの歌詞どおり "須磨の浦風やさしくそよいでる〜"
見上げると大きな樹木の枝が広がり、木漏れ日がやさしく降り注ぎ、
時々、お向かいと裏のご近所さん(イルカとペンギン)の声も聞こえてきます。
あぁ、なんてピースフルなアザラシプールなのでしょう!

KA2Z0066.jpg KA2Z0329.jpg

…とか言うと、どんな快適な所やねん!とお思いでしょうが、
その一方では屋外ゆえに、雨の降る日や雷の鳴る日もあるし
夏は照り返しでBBQになりそうなほどだし、しかも蚊が多いぞ〜
冬は冬で寒風吹きすさび、めっちゃ寒いんやろな〜と想像します。

でもね…
アザラシたちと、同じ外の空気の中 で会えるのがいいじゃないですか!
冷暖房完備の閉ざされた室内からガラス越しに見るより、
蚊に喰われたり鼻水たらしながらでも、このほうが私は好きです。
(まぁ日焼けだけは、年齢的にかなりツライが

天候によってもアザラシたちの行動は変わるので、
「こんな天気の日はこうして過ごすのか」って観察できるのも良いんですよ!

KA2Z0056.jpg KA2Z0170.jpg

KA2Z0021.jpg PA167062.jpg KA2Z0102.jpg

そんなシールピースの、とっても SEALでPEACEな 雰囲気が
ちゃんと伝わるような写真を撮れないものか!
と、実はずっと思っているのですが。
まだまだ腕前がアレでして… 難しいんですよねぇ。
好きになればなるほど、
実物の半分も素敵に撮ってあげられなくて、へこんでしまう…ってところでしょうか。

PA167405.jpg KA2Z0291.jpg KA2Z0421.jpg

ここのアザラシたちは、本当はもっとええアザラシなんやで!
シールピースも、本当はもっと素敵なプールやねん〜!
あぁ歯がゆい 実際に見に行ってもらったら手っ取り早いんだけど

シールピースでのお気に入りの眺めのひとつ…

KA2Z0082.jpg ミューちゃんが飛んでいます!

この "Flying ミューちゃん" だけでも上手く撮れるように、
とりあえずカメラの練習をしてみようかな。
そしてクリスマスにはここで皆さんに、素晴らしい
「空飛ぶモンティ・ミューちゃん」 の画像をプレゼントしますよ!

アザラシ道は愚者の道、決して戻れぬ一本道。
今日は泣いても、明日は明日のアザラシがピカピカやねん!

PA167502.jpg やってみなはれ。


※画像はクリックで拡大します
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。