スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月の海遊館 その2

カレンダーどおりだと、お正月休みも今日までとあって
午後の海遊館はけっこうな混雑ぶりです。
海遊館のアザラシは「モンタレー湾」水槽でアシカと同居していますが
そこにたどり着くまでがひと苦労。

ちょうど午後のフィーディングタイム、どの水槽の前もお客さんが鈴なりで、
人気の展示では頭ごしの隙間からなんとか見る感じ。
(もぐもぐと干し草を食べるカピバラ、とか)

目的の「モンタレー湾」水槽にも人だかり。
やっと前までたどり着くと、筏の上で丸まっている物体に遭遇。

P1030533.jpg

これはカリフォルニアアシカの赤ちゃん。2頭が、それぞれ筏の上でスヤスヤ。

P1030541.jpg

ぴょこんと、小さなしっぽが可愛い。

P1030532.jpg P1030538.jpg

お母さんアシカが戻ってきて、ばっしゃーん!と筏に飛び乗ると
水に落ちそうになりあせった赤ちゃんはジタバタ!
そんな出来事の直後でも、ただひたすら眠そうです。 寝る子は育つ。

水槽沿いにさらに進むと、ついに奥の陸地で昼寝中のアザラシ発見!

P1030544.jpg

ちなみにこの場所は通称「アザステ」(=アザラシステージ)。
海遊館には3頭のご長寿アザラシがいるそうで、寝ているのは彼らなのかも。
ご長寿すぎて、白内障になっているらしいです。それもすごいな。

P1030551.jpg P1030553.jpg

あいかわらずアザラシの寝顔には、えも言われぬ趣深さがありますねぇ!
でも平和に寝ていると思いきや、真ん中の子が右端の子を何度も威嚇していました。
アザラシは体の接触を極端に嫌う動物で、仲間同士でも微妙な距離を保ちます。
「あんまり近寄らんといて!」とでも言っているのかなぁ…

それにしても! とにかくびっくりしたのは!
右端のアザラシが!

P1030546.jpg P1030548.jpg

おチ○チ○を、露出していらっしゃった。
うーん、初めて見ました!
今まで野生でも、飼育アザラシでも、こんなお宝拝ませてもらう機会はなかったし。
ご本人は、すっかり寝ぼけている様子ですが…

P1030556.jpg P1030557.jpg

やっと引っ込めてくれました…

同行者が言うには「年寄りで下半身の締まりが悪いんちゃう?」
時々しまい忘れるのだろうか?(よく社会の窓全開のおじいちゃんがいるが)
それとも年齢に関係なく、この子の癖なのか?
飼育員さん、教えて下さい!

それはともかく、海遊館が面白いのは、水槽が深いので各階で違う光景が見られること。
アザラシのいる水槽も、下の階では水中を泳ぐ様子がよく見えます。
やはりアザラシは泳いでなんぼ、スイーっと岩の穴をくぐる姿も素敵。
スマートなアシカに比べ、
水中のアザラシはずんぐりむっくり、太った弾丸といったところです。

P1030565.jpg

混雑&同行者がいたのとで、この日はゆっくり見学できませんでした。
でもお正月から立派なものも拝見したし … 縁起がいいとしよう。
海遊館、次はぜひ空いているときに行きます!

飼育員さんのブログ→ 海遊館日記

※画像はクリックで拡大します
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。