スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるロシア

おとぎの国のロシアの〜おいしい蜂蜜をいただきました!

京都に、長年ロシア児童文学を研究されているグループがあります。
カスチョールの会

以前からホームページやチラシ、年一回発行される雑誌など
ちょこちょこお手伝いさせて頂いており。
最新号でも一部レイアウト作業をしたので、
そのお礼にと主宰の先生が送って下さったのでした。スパシーバ!

P4132083.jpg P4132084.jpg

この蜂蜜の産地は映画「デルス・ウザーラ」(黒澤明監督)の舞台、
ロシア極東部ウスリー地方のタイガ(針葉樹林)だそうです。
菩提樹をはじめ、キハダカエデ、ウド、エゾウコギ、
キイチゴ、タムラソウ、ヤナギランなど
タイガのさまざまな花からできた、いわゆる百花蜜。
森を思わせる、さわやかで自然な風味…
パルナス、パルナス、モスクワの味〜じゃなくて、ハバロフスクの味〜

先日スコットランド在住の友人に会ったとき
英国在住の日本人とドイツ人、ユダヤ人の話題が出て、
ここしばらく、そのあたりのことを色々と考えており…
で、今ロシアで最も活躍する人気作家といわれるリュドミラ・ウリツカヤの
『通訳ダニエル・シュタイン』を読みました。

ポーランドでユダヤ人であることを隠してナチスの通訳となり、
戦後カトリックの司祭としてイスラエルに移住した
実在の人物をモデルにした作品です。すごい壮絶人生だっ
読後、タイトルの「通訳」という言葉がいかに意味深か、感心させられます。



そんなこんなで
ロシアにおけるユダヤ人の歴史に興味がある今日この頃。
まぁロシアのユダヤ人、といっても私ごときは
シャガールと屋根の上のヴァイオリン弾きぐらいしか思いつかないんやけど。
戦争責任、ポグロム(ユダヤ人迫害)、パレスチナ問題。
考え始めると思考がぐるぐるして、めっちゃ疲れる…

ロシア行きたい!
友人は「大ちゃんを見に、ソチに行きたぁ〜い」と言っておりますが
私は高橋選手より
バイカル湖やカスピ海のアザラシがいいなぁ!

※画像はクリックで拡大します
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。