スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都水族館 サニー死亡

ショックです
京水のゴマフアザラシ、サニーくんが死亡しました。
しまね海洋館アクアスから1月末に京都に引っ越して来て、約2ヶ月半。
公開が始まってからは、1ヶ月ほどでした。
京都水族館ニュース(2012/4/21)

P4182239.jpg PAP_0028.jpg

オープン初日のホワイトボート紹介文です。
サニーのところ消えていますが、多分、一番体が大きくて…小心者?

私が京水に行ったのが先週の水曜(18日)、なんとその次の日に死亡したそうです。
閉館直前、メイン水槽の左端(オットセイ水槽との境)で
プカプカしていたのを見たのが、最後の姿に。

P4182476.jpg

京水オスゴマ少年隊。左からシロ、サニー、ヒカル。

18日の見学客の中に、
ずーっと切なげに愛おしそうに、サニーの様子を見つめている方たちがいました。
島根から来られた水族館の関係者さんだそうで、
水面に浮かんでいるサニーが糞(ぶちゅーっと細長い茶色のやつ)をしたのを見て
「あまりいいウンチじゃないなぁ」とうぶやいておられるのを小耳にはさみました。
サニーは18日もかなり体調が悪く、弱っていたのかもしれません。

P4182465.jpg P4182553.jpg

この岩陰で長い間、プカプカしていました。
この日、他の子たちのように活発に潜ったりしていなかった印象があります。

P4182470.jpg

そんなこともあって
元の水族館のスタッフさんはもちろん、島根にはサニーのファンの人たちもいて
みんなサニーが元気にしているか、気になってるんやろなぁ…
淋しく思っている人もいてはるやろなぁ…と。
遠い京都までやって来てくれたこの子の成長を
これからはその人たちに代わるつもりで、見守って行こう…!
と思っていた矢先の、死亡のニュースでした。

P4182505.jpg P4182563.jpg

夕方にはチューブ水槽にずっと入っていました。

以前のサニーの様子は、飼育員さんの過去ブログで。
アクアスブログ
「太陽のように明るく元気なアザラシでいてくれるように」と名付けられたサニー。
家族のアザラシと一緒のところや、ホースの水と遊ぶ在りし日の姿が見られます。
いつか島根に、サニーの親やきょうだいに会いに行きたいな。

P4182496.jpg

短い間だったけど、ありがとう。冥福を祈ります。

P4182557.jpg P4182563-2.jpg 

アザラシだけでなく人間もみんな、死ぬときは死ぬねん、動物は。
悲しいけど…。


※画像はクリックで拡大します
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。