スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソン鶴巻店

Marks&Spencerの「Prawn Crackers」のパッケージ。
なぜか「ローソン鶴巻店」の文字がバーン。イギリス在住邦人の間でも有名らしい。
ローソン鶴巻店は文京区早稲田に存在したらしく(今もあるかどうかは不明)、
お祭りなどイベントの時に使われた提灯では?との話。

food_IMGP3510.jpg

味はタイ風で、提灯のバックのシルエットもタイの建造物みたい。
パッケージデザイナーが「アジアっぽいじゃん!」と思って
テキトーに画像をコラージュしたのか。
でもラフがあがってきた時点でマークス&スペンサーの担当者も
「この文字の意味は?」と代理店に聞きそうなものだが…
ローソン鶴巻店はタイ王国と何ら関係ないのに!

日本の文字はクール!とされ、服のデザインなどにもよく使われている。
ヘンな日本語(らしきもの)が書かれたTシャツが多く
文字が左右逆になっていたりして。
ある時 Scot Rail の車中で
雌 豚
と胸にデザインされたTシャツを着たギャルを見かけた。
意味知ってるのか?ねーちゃん。

映画「かもめ食堂」でも、日本オタクのフィンランド人青年が
自分の名前を漢字で書いてもらって喜ぶシーンがある。
それは「豚身昼斗念(トンミ・ヒルトネン)」。
笑ってしまうなぁ。でもよくあるけど。
わたしも「狐隣」とか「芽愛里」とか「舞頼安」とか書きましたが。
「狐隣」て、逆に漢字から直訳するとFOXY NEIGHBOR…う~ん。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。