スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんといっしょ

近所のスーパーで、
「懐かしのクジラ肉 フライパンで炒めるだけ!」という
焼き肉用パック(アイスランド産ナガスクジラ)を売っていました。
お年寄りが多い地域やからかなぁ?
ときどき見かけるんですよ、クジラの赤身。

それでいつも思い出すのが、ハリハリ鍋。
父方の田舎が南紀(田辺の近く)というのもあってか、
子どもの頃は大阪の実家でもハリハリ鍋をしたものです。
すき焼きみたいな味付けでした。
私にとっては おばあちゃんの思い出料理 ですね。

P7103064.jpg P7102953.jpg

太地町立くじらの博物館にて。右の子はコビレゴンドウ。


さてこちらは、先日初めてお会いした動物のおばあちゃんたちです
はな子さん。

P6093684.jpg @井の頭自然文化園(6/9)

★アジアゾウ「はな子」
1947年タイ生まれ。
1949年2歳半で上野動物園に贈られ、54年より井の頭自然文化園で飼育。
今年1月、ゾウの国内最高齢記録に並ぶ65歳に。
-------------------------

丸子さん。

P7113255.jpg @二見シーパラダイス(7/11)

★ミナミゾウアザラシ「丸子」
南アフリカ・ケープタウンの東海岸で捕獲。
1989年生後3カ月で二見シーパラダイスに入館。
今年9月には飼育世界記録(23年8カ月)を塗り替える予定。
-------------------------

どちらも人間でいえば80をとうに超えた ご長寿さんです
ちなみに平均寿命は野生の場合で、
アジアゾウ:約60年/ミナミゾウアザラシ:20〜22年だそうです。
(ナショナルジオグラフィックによる)

P6093923.jpg P6093934.jpg

はな子の前で、引率の女性が子どもたちに
「ほら〜、見ておかないと、年寄りだから次来る時にはいなくなってるかもよ!」
と言っていました。
それはそうだが、なんか身も蓋もないやんねぇ
でも二見の飼育員さんも、年齢的に丸子は "大往生まっしぐら中" なので
"お早めに会いに来て頂きたい" って書いてはったなぁ。

P7113198.jpg P7113119.jpg

うちの祖母は、ずいぶん前にお空の上へ。
以後、実家でハリハリ鍋をすることはありませんでした。
90手前まで長生きして大往生だったけど
「生きてるうちに、もっと仲良くしとけば良かった」と思ったりします。

はな子と丸子に残された時間も、今や本当に貴重。
動物も人間も一期一会 というのを、思い出させてくれました。
また会えるかなぁ…
愛すべきおばあちゃんたち、元気でいて下さい。

P3171417.jpg

とっかりセンターのワモン幼児のようちゃんは、やっと1歳。
おばあちゃんアザラシになるまで、絶対絶対、健康で長生きして欲しい〜!
ワモンアザラシの寿命は約40年らしいので
まぁ、この子より私のほうが先に虹の橋を渡っちゃうかもやけど
こればっかりは、わかりません。


※画像はクリックで拡大します
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。