スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動動物園のアザラシ チーズちゃん

ひと月ほど前、
大阪にある動物系の専門学校の学園祭に行きました。

いろんな園館の飼育員さんに、こちらの卒業生の方がいらっしゃるので
その筋ではきっと有名な学校なんでしょうね。
もちろん京都や須磨の海獣チームにもいらっしゃいます。

前日にチラシを見て、アザラシとペンギンが来るというので
急きょ見学に出かけてみました。

校舎は都心のビルで、B1〜8Fの各階で様々な催しがてんこ盛りです。
ちなみに、この日の目玉イベントは「カイ君トークショー&撮影会」。
ソフトバンクのお父さんです…って、犬が喋るのか!?

P6242186.jpg ビミョーに目立っていないケープペンギン。

P6242189.jpg わかりやすい

P6242196.jpg P6242197.jpg

「イルカのごはんをつくろう!」調餌体験コーナー。
こういう手作り感は、微笑ましいなぁ〜。
スマスイのアザラシたちが大好きなイカもありますよ

P6242214.jpg P6242225.jpg

前から噂には聞いていた、
ドルフィントレーナー専攻の生徒さんによるヤギショーです!

P6242191.jpg ← 何故にヤギなのか?の説明

ヤギが輪くぐりや筒乗りの芸をするところ、初めて見ました。
メスの小町ちゃんは、妊娠中にもかかわらず赤いおべべで頑張っていました。
イルカ実習は和歌山(太地)の施設でしているそうですよ。

P6242212.jpg ヤギもやるなぁ。


さて肝心のアザラシはどこにいるのか?というと…

P6242235.jpg P6242233.jpg

建物の横手に簡易プールが設置されています。
あそこにチーズちゃんが…

P6242150.jpg 小柄な子だなぁというのが第一印象。

P6242175.jpg P6242174.jpg

P6242182.jpg

とてもおとなしくて、従順な子のようです。

チーズは滋賀県守山市にある、堀井動物園で飼育されています。
ここは家族経営の移動動物園で、
この時は若い男性の飼育員さんが来ておられました。

P6242163.jpg P6242160.jpg P6242165.jpg

チーズが堀井動物園に来たのは5年ほど前で、
飼育員さんも「こんなおとなしい子はいない!」とおっしゃるほど
噛み付いたり怒ったりするのを見たことがないそうです。

ふだんは水鳥のいる池の一角を区切ってアザラシプールにしていて
水は井戸水のかけ流しであること、
アザラシ、ペンギンの出張需要は、おもに夏場だけであることなど
いろいろ教えて下さいました。

P6242157.jpg P6242169.jpg

見学客はチーズにサインを出して、
回転、口開け、背伸び、チューなどをさせて、魚をやることが出来ます。

P6242249.jpg P6242240.jpg

エサの魚がなくなると、プールの中をゆっくり泳ぎ回っていました。
水中に手を入れて周回するチーズにタッチ。
写真だけではちょっとわかりにくいですが、検索すると、つべに動画がありました。

P6242248.jpg P6242256.jpg

やがてプールの中央にじっとして、人のほうを見上げています。
触られても、子どもがパシャパシャ水をかけても、じっとしているチーズ。
本当におとなしい子なんですね〜!
それとも魚を期待して、サインを待っているのかも?

P6242261.jpg

「こんな街の真ん中にアザラシが!」という驚きとともに、
ふれあい体験で、みなさんけっこうテンションが上がるようです。
アザラシのかわいさにハマっちゃった〜と言っている学生さんもいました。


私は短い時間しかいられなかったので、その後の様子はわかりませんが
夕方、無事守山に帰ったかな?

動物にとって移送はストレス、身体的負担ともにたいへん大きく、
体調を崩したり最悪の場合はショック死する話も聞きます。
何年も移動動物園にいるチーズは、移送に慣れているでしょうし
繁忙期の夏の間はとくに、飼育員さんが健康管理に気を使っておられると思います。

P6242185.jpg

でも、16才?という、チーズの年齢を考えると
今後は年々、体力でカバーできなくなっていくんじゃないかとちょっと心配。
この夏も、あちこちのイベントに呼ばれるんでしょうけど
チーズちゃん、元気でいて欲しい


※チーズは二見シーパラダイス(1996年?)生まれ。
 母:ヤマダ、父:シャー、妹:ワイン(98年生まれ)は、今も二見で暮らしています。


写真はすべて6/24

なお堀井動物園のゴマフは
チーズの前に、すさみ出身の「ゴマじい」が1年間ほど、
その前には小樽(おたる水族館?)出身の個体が長くいたとのことでした。
また一時期はワモンもいたそうです。


※画像はクリックで拡大します
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。