スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベンチャーワールド(10/5)その2 海獣館のアザラシ前編

アドベンチャーワールドでは、朝から赤ちゃんパンダの命名式を見て
無料アトラクションを2つ(アニマルアクション、マリンライブ)回っただけで、
気がつくともうお昼を過ぎていました! ちょ、早っ
まだアザラシには 一頭も 会っていないというのに!

一刻も早くアザラシたちのもとへ急がねば〜と思いつつ、
途中、今度は「ペンギン王国」でペンギンさんのお散歩がぁっ!

PA055416.jpg 立派なキングペンギン。触らせてもらっちゃった

…うーん、欲望に振り回されて、すっかり自分を見失っているぞ
そんな本末転倒な迷走の末、ようやく「海獣館」に着きました。

「海獣館」にはホッキョクグマ、ラッコ、アザラシ、ペンギン、カワウソがいます。
2階建てで、中央の吹き抜け部分がホッキョクグマ3頭のスペース、
それを取り囲む形で、壁沿いに他の動物の水槽があります。

PA055586.jpg 2階から。屋内なので、開放感はまったくないね

PA055395.jpg ガラス面に来たクマとおばあちゃんが楽しそうだった。

PA055423.jpg PA055424.jpg

1階観覧通路は、アザラシ水槽を底から見上げる感じです。
アザラシが1頭、底に沈んで休憩&伸びをしていました。
ここを過ぎて階段で2階に上がると…

PA055426.jpg PA055485.jpg

2階は吹き抜けを囲むドーナツ型。
アザラシ水槽の水面をかなり上から見下ろせます。
しかし、この水槽は地味というか陰気というか… 人工照明のせい?

C7D_3457.jpg

水中を覗き込むと、向こう側にさっき通った1階観覧通路が見えます。
この子は底に沈んでいた個体ですね。
胡麻斑模様はあまりなく、毛色の感じはまるで換毛期のような…
仮にゴマフアザラシⒶとします。

ここには2頭のアザラシがいて、どちらもメスのようです。

C7D_3486.jpg もう一頭の個体。

こちらは仮にゴマフ・F・アザラシとします。
白っぽい色と模様が変わっていて、京水のハマちゃん にとても似ています!

C7D_3473.jpg C7D_3502.jpg

C7D_3477.jpg ね、似てるでしょう?

まさか、おハマとこの子は血縁関係があったりして…。
ゴマフアザラシについての解説は
水槽の上に小さな電光説明板があるだけ、個体情報は分かりません。
それに館内には職員さんの姿が全然なくて、
アザラシの名前や餌の時間などを聞ける相手は誰もいないのだった

PA055464.jpg どういう子なんだろう。

この地味な扱い、かなり淋しく感じます
私は見ていて、ちょっと気分がLowになってしまったよ…

PA267733.jpg 1階にあったリーフレット。

「海獣館の仲間たち」は、おもに海獣たちの体の特徴を解説したもの。
内容はよくまとまっているし、それにイラストがなかなか秀逸です。

PA267739.jpg PA267734.jpg

「ホッキョクグマ」のリーフレットにはアザラシも登場します。
両者は切っても切れない関係ですしね…

PA267736.jpg PA267737.jpg だって主食だもん。

PA267740.jpg PA055393.jpg ……アザラシ?

ここのホッキョクグマは野生から来たのではないので、
アザラシの存在は知らないと思いますけどね

後編につづく。


※画像はクリックで拡大します
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。