スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥羽水族館(2012 10/30・31) セイウチな人生、アザラシな人生 

リンク増えました!

一応アザラシ限定のつもりですが、微妙に範囲が広がりつつあり…
だって他の海獣たちも素敵なんやもーん!
ラッコの事は らっこ!らっこ!ラッコ!(munyさん) で
いろいろ教えて頂いています

01-KA2Z8217.jpg 02-KA2Z8173.jpg

昨年のスマラッコ。
トコ&パール&明日花が同居していた頃(2012 11/16)です。
現在このプールでは、
明日花(写真右)と新潟から来たラッキーくんが暮らしています。
今年もアザラシだけでなく、ラッコにたちにもいっぱい会えるといいな…。



さて今回新たにリンクさせて頂いたのがこちら!
セイウチな人生(鈴木さん) です。
主さんは鳥羽水のセイウチ「クウちゃん」に真面目に恋をされています。
人生やで人生、ええわ〜 タイトルからして、とばしてます、なんちゃって!
こちらのブログではめくるめく セイウチ愛
鳥羽水「水の回廊」の雰囲気も堪能できますよ〜。

そこまでの個体に出会えるなんて、幸せやと思うわ。
私も、もっともっと ミューちゃん愛 を深めたい!
メス同士やけどな!

03-P1051321.jpg 今年も魅力的なミューちゃんでいてね!(1/5)

実はセイウチとかトドとかって、京阪神にはいないんですよ。
城崎マリンワールドまで行けばいますが… 城崎……。
うちからまだ一番近い、大型の海獣のいる水族館が鳥羽水なんです。

私は30年以上前に家族旅行で行って、
ジュゴンのじゅんこ&じゅんいちを見たはずだけど、全然記憶にない
そこで昨年10月末、実質的には初めての見学に行きました〜。
近鉄特急、じゃなくて節約して快速急行でだ!
(写真はすべて 2012 10/30・31)

04-KA2Z2728.jpg 「セイウチパフォーマンス"笑"」だよ!

私の駄洒落ではないぞ、ほんまにそういうネーミングなんですよ。
これがもう、見ている間中、腹の皮よじれまくり!
昨今のお笑い芸人なんかよりずっとおもろい!
ここのセイウチショーと
おたる水のペンギンショー(ほのぼのなのに大爆笑)は、
笑い転げてしまってなかなか写真が撮れません〜。

05-KA2Z2722.jpg セイウチ歯磨きなう。

…ってのは、セイウチのお兄さんの持ちネタでっせ
同じ場所で、ペンギンのお散歩もありました。

06-KA2Z3341.jpg てこでも動かない赤ちゃんペンギン。

このチャオちゃんという個体は超マイペースな性格なのか、
ちーっともみんなと一緒に行動しません。

07-PA317912.jpg とうとう最後は抱っこされて退場

09-KA2Z3814.jpg ジュゴンのセレナちゃん、お食事中。

19-KA2Z3808.jpg びろーん。



…とか遊んでんと、重要なのはアザラシやねん!

鳥羽水で一番会いたかったのが、ゴマフアザラシのつばさちゃん。
2007年にとっかりセンターからお嫁入りした子なんですよ〜
それと、つばさちゃんの子どもたち(娘:きなこ 息子:大福)、
当歳のハイイロアザラシの赤ちゃん(カカオ&マロン)、
バイカルアザラシたち(新潟から預かり中のカルくん含む)など。

でもここはあまりに規模が大きくて
アドベンと同じくどこから見ればいいのか、パニクってしまう
とりあえず、ラッコを見て気を落ち着けよう!

08-KA2Z3546.jpg 13-KA2Z3532.jpg

氷の固まりをもらったロイズくん(左)。
お掃除の水切りワイパーの柄を掴んで離さないメイちゃん(右)。
飼育員さんと社交ダンスの練習みたいに、一緒にステップを踏んでいました
お茶目で何かと面白い行動を見せてくれる子やった。

23-KA2Z3894.jpg 24-PA317957.jpg メイちゃん最高!

14-KA2Z3483.jpg 隣のプールにいたメイちゃん母:ポテトちゃん。

…と言うより、ポテトちゃんが食べた後の貝殻の写真です
この時は別居でしたが、今は3頭一緒にいるらしいですよ。



11-KA2Z3188.jpg 12-KA2Z3628.jpg

個人的にとても新鮮だったのが「海獣の王国」の大人ハイイロ。
オス(ポポ、バルト)メス(サンゴ、リト)の4頭がいます。
ハイイロは今まで イギリスの野生 でしか見た事がなく、
めっちゃ 馬面で巨大 なので、いまひとつアレでした
まぁ波の中で泳ぐ姿は、野性的でかっこいいとは思ったけども。
ところが!
鳥羽水では初めて「あらま…ハイイロって、美しいんちゃう!?」って。
メスは体の斑がとっても美的 水中をひゅーんと泳ぐオスもイケてる!
水中での様子、そして至近距離で見られるのは、水族館でこそですね。

26-KA2Z3112.jpg 25-KA2Z3129.jpg

こんなに間近で見るのは初めて〜。
ハイイロのイメージ、かなり変わっちゃいました

33-KA2Z3101.jpg きれいなお母さんは、好きですか?

この美女たちの赤ちゃんは別の場所で暮らしています。

15-KA2Z3075.jpg 17-KA2Z3023.jpg

リトちゃんの息子:カカオくん(左)とサンゴちゃんの娘:マロンちゃん。
赤ちゃんの時から、オスとメスで体色が全然違うんですね〜。
この子たちはずっと2頭だけで暮らしていたのに、
この朝突然、ゴマフっ子たちがお引っ越しして来ました!

16-KA2Z3650.jpg 18-KA2Z3037.jpg

カカオくんはかなりびびって威嚇、気が小さいようです。
マロンちゃんのほうが早く慣れて、ゴマフと一緒に泳いでいました。
しかし、ゴマフとハイイロのチビたちが同居しているのって
全国的にも かなり珍しい よね? 比較観察できてええわ〜

20-KA2Z3660.jpg 21-KA2Z3326.jpg 22-KA2Z3325.jpg

ゴマフはオスメス合わせて10数頭いるはずなんやけど
前日は全頭バックヤードで、ショーにすら1頭も出ていなかったんですよ。
「うぇ〜ん、ゴマフがどこにもいないよぅ」とへこんでいたので、
この移動はすっごく嬉しかった…
「アザラシの神様、ありがとう!」と、マジで手を合わせたもんだぜ。

27-KA2Z3712.jpg 28-KA2Z3654.jpg 

プロフィール写真から推察するに、
左の写真&右の写真の手前がもみじちゃん。奥がきなこちゃんかな?
ハイイロとは対照的に、すぐ我が物顔で泳ぎ回っていました

現在はもみじちゃんと交代して大福くんがここにいるそうです。
大福くんは2011年生まれ。ますますお子様天国!
「きなこ大福」「カカオマロン」
ぢゅるる、おいしそう… アザラシやけど



最後にお腹が空いたところで、モスクワの味をお届けしましょう。
甘い〜お菓子の〜お国〜のたより〜
おとぎの国のロシアの〜

29-KA2Z3470.jpg 30-KA2Z3414.jpg

バイカル バイカル

…は、6頭いました。
ガラス面で立ち泳ぎしていた子、ひとり遊びに熱中している子、
両目が白濁した子(近寄る子とよくケンカしていた)など。
個体説明の解説板がないので識別不能 カルくんもどの子か分からなかった。

31-KA2Z3449.jpg どれがどれやら魚雷がいっぱい。

鳥羽バイカルは(おそらく)
ナターシャ、うなり子、マカロニ、ペチャ、クチャ、パルナス…?
あれ…これではオスが1頭多い??? わっからーん!



というわけで、私もう帰る
鳥羽水では1日半があっと言う間。
全体の展示の 1/100ぐらいしか 見られていないと思うの…
でも「海獣の王国」と「極地の海」の給餌は絶対外せないし、
ひそかにアシカやビーバーやセレナも気になる!
次回行った時にも、どうすりゃいいのか すでに負け戦な気分や!

32-KA2Z2865.jpg たたかいすんで〜ひがくれて〜

私の初・鳥羽水の印象は…
良くも悪くも「優良企業」でしょうか(あくまで個人の感想です!)。
またアザラシしに行きまーす! 快速急行で!


※画像はクリックで拡大します

アドベンチャーワールド(10/5)その6 「ふれあい広場」のティナ

とっ、年を越してしまいましたぁ!

00t-P1071517.jpg @二見シーパラダイス(1/7)

アドベンチャーワールドに行ってから3ヶ月も過ぎてしまった…
でも最後の1頭を忘れてはおりませんよ!
というわけで初志貫徹、続きです!

前日電話での問い合わせでは確認できなかった、アザラシたちの居場所。
“屋外の池にもいる” というのはどこかのブログで見ていたので
開園直後に有料体験の列をさばいていたお兄さんに
「海獣館以外に、外にもアザラシがいるって聞いたんですけど!」と尋ねてみました。
すると「あ、ティナですか〜?」と、地図で場所を教えてくれました。
思いがけず名前も判明したのでラッキー

ティナちゃんがいるという「ふれあい広場」はけっこう広いんですよ。
放し飼いのマーラたちがうろうろしていて、楽しいです
どこに例の池があるのか分からなくて
通りかかった職員さんに聞くと、それは鬱蒼とした木に囲まれた一角。
アザラシは「掃除で水を抜いた後なので、底のほうにいると思います」と。

01-PA055659.jpg ここにアザラシ池があるの?

いまひとつ、らしからぬシチュエーションやけど…

03-PA055692.jpg 01-PA055742.jpg おった〜

落水清掃の直後で、水を溜めている最中でした。
ここは 2001年に行った時 アシカがいたのと同じ池ですね!

04-C7D_3892.jpg 05-PA055746.jpg

桜太くん以外のアドベンゴマは、みんな高齢個体のようで
そのせいなのかティナも右目が白濁しています。

06-PA055683.jpg 07-PA055686.jpg

「海獣館」にいた子たちと同じく、爪がすごく長い。

08t-PA055734.jpg 物音がするとハッと顔を上げていました。



ほとんど水のない状態では、あまり動きませんが
時々ものすごーく 何か を気にする素振りを見せるティナ。
なぜかと言うとこの池とつながった所には…

09-PA055739.jpg カピバラとペンギンだよ!

これみんな同居しているんですよ、びっくり
アザラシとペンギンが同居している園館はいくつかありますが、
さすがにカピバラは知らんなぁ!
ティナはカピバラが池に近づく度に、めっちゃ警戒して見ていました。

10t-C7D_3894.jpg ………

ゴマフアザラシは本来は寒い北の海にいるので、
アマゾン川流域 のカピバラさんと一緒に展示って、いかがなものか。
とか言うと、
「フンボルトペンギン属も温暖な地域におるやんけ!」とつっこまれそうですが
(ここのペンギンさんたちはケープペンギンだそうです)
同じ水辺の生き物でも、ゴマフとペンギンは海ですし〜。

アザラシは目が弱いそうなので、淡水での飼育だと雑菌とかがちょっと心配。
それにカピバラってたしか、排便は水にするんじゃなかったっけ?
カピバラにばんばん うんこ こかれると、ティナも嫌とちゃうかなぁ。
でも広い池だし、草食性のうんこだから大して水も汚れないのだろうか…

13-PA055752.jpg 14-PA055807.jpg

ある程度水位が上がってくると、
逆さになってクネクネとヘビのような不思議な泳ぎ方をしていました。
とても細長い体つきなので「鮎みたいやな〜」と思った!

13t-C7D_3954.jpg 13t-C7D_3965.jpg にょろにょろ泳ぎです。

ヒレの内側は前後ともかなりハゲてる?
多分、陸場が岩とコンクリートなので、その部分だけこすれるんでしょうね。



ふだんこの3種の生き物が池を共有してどのように暮らしているか、
私には全然わからへんけど
↓ 近い時期に行かれた方のブログです。

カピバラ色の人生(かぴよんさん)
リョウとモモコ 池に飛び込むカピバラと泳ぐティナの動画が!

アドベンチャーワールド続き 時にはシカまで乱入する事が!

うーん、非常に特殊なアザラシの飼育環境ですね。同じくペンギンにとっても!
まぁ私はカピバラやペンギンについての知識がないので…
同居させているって事は、3者はお互いに干渉しないんでしょうね。

15t-PA055792.jpg 屋外にいるアザラシっていいですね

高齢のアザラシに、単調過ぎる生活というのも良くないと思うんです。
ある程度、野生と同じように外敵(のような存在)を警戒する事が
かえって毎日いい刺激になって、本能が鈍るのを防ぐ&長寿に役立つかも知れません。
…でもカピバラて、なぁ

12-P6093822.jpg 11-KA2Z3164.jpg

左:井の頭自然文化園(6/9)
プールの水に脱糞した後、わらの束(画面右上)におケツをこすりつけて立ち去った!
右:鳥羽水族館(10/31)
ピラルクやアフリカマナティなどのいる「ジャングルワールド」で、魚・鳥と同居。

15-C7D_3931.jpg 15-PA055778.jpg

この池の周りには桜が植わっているので、
春には “桜の森の満開の下アザラシ” を見られる可能性も。

高齢個体はバックヤード暮らしになる事もよくあると思いますが、
こうして外で、お日様の下で会えるというのはやっぱり嬉しいものです。
「ふれあい広場」には30分ほどしかいられなかったのですが
次に来たらここをメインにして、もっとゆっくり過ごそうっと。
ティナや海獣館の子たちの給餌も見てみたいし!

※「ふれあい広場」は昨年12月にリニューアルしたそうなので
 現在も同居しているかはわかりません




13t-C7D_3916.jpg 14t-C7D_3919.jpg あざらし島(photo by Shohee)


※画像はクリックで拡大します

やっぱりゴマが好き

KA2Z2912.jpg ラッコって可愛いよね

生態はとても興味深いし、行動も面白いし
どんなに長時間見ていても全然、見飽きない動物ですね!

しかしそれでも…

KA2Z2391.jpg

何人たりともこの魅力には抗えぬ。

KA2Z2246.jpg KA2Z2401.jpg ひれあし

この吸引力は何なんでしょうね。
水中で泳いでいる時の後肢ひれの動きとか、いつも惚れ惚れとしてしまう。
最近ちょっと浮気がちではありますが、
やっぱりゴマフアザラシからは離れられない気がします〜。
私が船なら、ゴマフは港。最後に帰るのはお前の所さ

KA2Z2315.jpg 人間は勝手やな。


ALL 10/30@鳥羽・二見

※画像はクリックで拡大します

浮気なぼくら

KA2Z4387.jpg ねぇ、あなた最近…

KA2Z4389.jpg 浮気してるでしょ!

ギィクゥウウウウッ

PA307832.jpg バレたか…

ちょっと最近、ラッコに、胸キュン。だったんです。
アドベンと鳥羽水ではラッコの給餌を見られたし…。
それに須磨では新潟から預かり中のラッキー君が公開されて、
ラッコ館が盛り上がっているみたいなんですよね!

とはいえ、私のハートはあくまでミューちゃんに捧げていますけどね。

KA2Z4199.jpg ラッコに、胸キュン。キュン(←振り付きで)

やっぱ可愛いよな〜、ラッコもな
近々、ラッキーくんに会いに行きたいと思っております。

ラッコは鳥羽水のメイちゃん、スマスイのパール&明日花でした。
しかしYMOのアルバムて、実家にまだあるんやろか。


※画像はクリックで拡大します

須磨海浜水族園(11/2) 冬が来る前に

3月はライオンのようにやって来る…と言いますが、
11月はいつも静かに訪れますね。
この季節になるといつも口ずさむ唱歌があって、

 ピィピィピピピィピ…
 落ち葉の中から 鳥が餌(え)を探す 忙しく
 森にはもう冬が来る
 ピィピィピピピィピ…
 リスたちチョロチョロ みんな餌を探す 忙しく
 真冬が来る 冬が来る

…というんです。
小学校で習ったんですがタイトルは覚えていないし、歌詞も間違っているかも〜
でも今でもずっと好きな歌です。
すっかり寒くなった朝、この歌を思い出しては
晩秋の森のあちこちで小さな動物たちが冬支度をしている様子を想像します。

さて先週のスマスイ。もう午後になってから行ったんですが…

KA2Z3955.jpg

シールピースの裏の樹が、またバッサリ切られてる〜!

KA2Z3991.jpg なんか、スカスカして明るくなった。

KA2Z3983.jpg KA2Z3985.jpg

ミューちゃん、まったり。
お天気があまり良くなかったのと、遠足の団体も少なかったようで
全体的にわりと空いていました。

この日はコンブとワカメの給餌を2回見たけれど、
2頭とも食欲があまりないみたい。

KA2Z4042.jpg おーい、いらないの?

あまり食べないで途中でプールに戻ってしまいました。
飼育員さんが水中でお魚をヒラヒラさせてみても、寄って来ません。

KA2Z4052.jpg

あきらめて帰る飼育員さんたち。ま、そういう日もあるでしょう。

KA2Z4076.jpg

イルカライブが始まると、人がほとんどいなくなりました。
私もちょっと離れたベンチで
遅いお昼ごはんのおむすびを食べつつ、シールピースを眺めていました。
たまにはこういうのも、静かでいいな〜。

KA2Z4073.jpg

KA2Z4091.jpg KA2Z4077.jpg

通りすがりにのぞいて行く、お掃除のおじさん。

実はお掃除のおじさんたちも、けっこうアザラシが好きみたい。
朝イチにシールピース前にいると、ちょっとお話する事もあるんですが
お仕事中に毎日何度も前を通るからでしょうね、やっぱりアザラシは可愛いそうですよ。

KA2Z4100.jpg 塀の向こうでは、伐採した枝を片付け中でした。

KA2Z4174.jpg KA2Z4140.jpg

須磨の空が高いなぁ。
もう各地の他のアザラシ施設でも、冬支度なんでしょうか…

KA2Z4108.jpg KA2Z4545.jpg KA2Z4169.jpg

生まれて初めての冬を迎える、コンブとワカメ。
これから寒くなるんやから、ちゃんと食べて体調整えんとアカンで!

…と、季節の変わり目の風邪をこじらせ、3日間寝込んだ私が言ってみた

KA2Z4706.jpg それにしても日暮れが早い!


※画像はクリックで拡大します

アドベンチャーワールド(10/5)その5 桜太に会うた!後編

なんかもう、前編 の内容を忘れるぐらい日がたってるぞ

えーと、アドベンチャーワールドで一番会いたかった、
二見のワインちゃんの息子・桜太くん。
「アニマルアクション」の前座でステージに上がるという情報を得たので
開始時間の前から、たらたらと待っていたのですが…

PA055502.jpg おわ!?

よそ見をしていてふと気づくと、いきなりステージに出ていました!
アナウンスなどは全然ないので、不意打ちくらって、あせったわ〜

PA055503.jpg PA055508.jpg 敬礼。腹筋。

あなた様がおーちゃん! やっと会えたのね…
などと感動するヒマを0.1秒も与えず どんどんメニューは進むよ!
客席は「あれ? 何か始まったわね」みたいな感じで、のんびりした雰囲気です。
ちなみにトレーナーさんは峯岸みなみ似。

PA055511.jpg

最大の見せ場は、地上での 大回転技!
ころん、ころんと転がるおーちゃんに拍手が起こります。

PA055514.jpg PA055521.jpg

改めて見ると、さすが美男美女カップルの子だけあって、イケメンですね
海獣館の子たちと違って、爪の長さはふつう。

PA055528.jpg はい、さいなら〜。

スタコラサッサ〜!
って、ちょ… まだ1分ぐらいしかたってないんですけど!
帰るの!? ねぇ、もう帰るの〜!? …呆然

しか〜し、このままでは終わらせへんで! リベンジや〜!(←何に?)
というわけで、この日3回目の「アニマルアクション」が始まる前に
またもや会場にやって来ました。
今度はもっとよく見える席を探そう、とスタジアムをうろうろしていると…

PA055599.jpg ぎゃー、また不意打ちやっ!

PA055602.jpg PA055604.jpg

あれよあれよ…

PA055610.jpg PA055616.jpg

PA055621.jpg はい終わった、さいなら〜。

PA055622.jpg 逃げ足めっちゃ速い

…ちゃんちゃん
桜太くんと会えたのはほんまに一瞬というか、1分?

桜太くん、たしかアドベンに来て1年ぐらいのはずですが
「アニマルアクション」に出演しないのは、まだ安定していないのかな。
3才半の子なので、ショーステージでの演技よりも
気ままに泳いだり遊んだりする、元気なチビゴマの日常生活を見たいなぁ。

と言うのも、アニマルランドを出たところの通路に
ペンギンやアシカがひっそりといたんです。
建物の裏手なので訪れる人も少ないんじゃないかと思いますが…。

PA055624.jpg PA055384.jpg

右手にケープペンギン。めちゃめちゃひっそりやで!
左手には、真ん中で仕切られた2つのプールに
ミナミアフリカオットセイとカリフォルニアアシカが1頭ずつ。

PA055388.jpg PA055389.jpg

オットセイ、アシカ、アザラシの違いの解説板もありました。

PA055632.jpg PA055630.jpg

おっ、なんかいいですねぇ。この雰囲気
おーちゃんもここで暮らしていたら、こういう姿が見られるんだけどなぁ…。
ぜひ屋外プールに「ゴマフ王国」を作ってよ〜、アドベンのえらい人!

C7D_3591.jpg 見よ、この美しいフォルム!

まだ若い桜太くんが今後どのような道を歩むかはわかりませんが、
はつらつとしたオスゴマに成長して欲しいものです。

PA055618.jpg 桜太 2009年3月29日二見シーパラダイス生まれ


最後にそんなおーちゃんの決め技 スーパー大回転 をどうぞ!

C7D_3576.jpg C7D_3579.jpg C7D_3580.jpg

C7D_3582.jpg C7D_3819.jpg 8888888!


PA055819.jpg

アドベンチャーワールドのアザラシたち、
次回は最後の1頭ティナちゃんです。


※画像はクリックで拡大します

SKY IN YOUR EYES

見上げる瞳に映る
窓の向こう オホーツクの空

SDIM5698-1.jpg photo by Shohee Murakawa

今はもう広い空の下
よかったね ようちゃん

※Click to enlarge image

アドベンチャーワールド(10/5)その4 桜太に会うた!前編

おうたにおうた!
…これ、めっちゃゆうてみたかってん

ゴマフアザラシの桜太くん(通称 おーちゃん)は、
二見シーパラダイスのワインちゃんの息子でです。
移動前日の様子がありました → YouTube
※しかしこのチャンネル主さん、すごい調査能力ですね



桜太くんの親族のみなさんをご紹介します。

IMG_9778.jpg P9083402.jpg

母方の祖父:シャーくんと、母方の祖母:ヤマダちゃん。
ほとんどバックヤード暮らし。

P7113324.jpg P9083813.jpg

父:エリくんと、母:ワインちゃん。
ワインちゃんはこのプールで一番丸っこい 樽型アザラシ です。
現在のところ、ワインちゃんの子どもは桜太くんを含めて5頭。

P7113409.jpg P7113163.jpg

兄:サン太くんと、異父姉:風和(フウワ)ちゃん。
サン太くんはシーパラ内を転々としているそうで、住所不定

兄:笑太(ショウタ)くんは、那須どうぶつ王国にいるそうです。
 → ブログ「動物園へ行こう」再会その2
 → 那須どうぶつ王国 Official Blog「アザラシ笑太」

P7113194.jpg 弟:蹴太(シュウタ)くんは、二見の人気者。

写真は7/11と9/8。
シーパラは2回しか行った事がなく、もし何か間違ってたらすいません〜。

P6242181.jpg 母方の伯母:チーズちゃん。

チーズちゃんはワインちゃんのお姉さんで、守山の堀井動物園にいます。

ワインちゃんの子どもたちは(人間基準で)美形揃いなのだが
二見のとある男性飼育員さんに
「個人的にはどの子が一番美形やと思います?」と聞くと、
「桜太です! 」と即答されちゃいました。
「桜太は、かっこいいですよぉ〜
と、遠い目をするお兄さん。な、なんか淋しそうやね
ともかく、男子をも骨抜きにするほどの子らしい。



そんな桜太くんは、アドベンではふだんの生活は公開されていません。
「アニマルランド」という施設(動物劇場みたいな感じ)で
イレギュラーにショーに出演すると聞いていたので、
ここで日に3回上演される「アニマルアクション」の1回目を見に行ってみます。

PA055336.jpg このステージに次々と動物が登場します。

ステージ、プール、通路、頭上など
あちこちから何かが出現しては去るので気が抜けない

C7D_3076.jpg C7D_3083.jpg

C7D_3081.jpg C7D_3078.jpg

ララララ あひるさん〜 ガァガァガァ ララ ララララ やぎさんも〜 メーーエ
サルとトリとイヌもいますよ。サルはポニーにも乗りますよ。

C7D_3132.jpg ここでの主役はアシカです。

アドベンのショーはトークなし・音楽のみが基本のようです。
イルカとゴンドウの「マリンライブ」もそうだけど、
次々にテンポ良く展開して、ショーとしての完成度は高いですね。
と、いくら言ってもこれは動画で見ないと全然面白くないので、ググって下さいね〜。

C7D_3042.jpg C7D_3110.jpg C7D_3120.jpg

みんな芸達者です。

C7D_3106.jpg C7D_3123.jpg

私は動物にショーをさせるのはあまり好きではないんですけど、
とてもよく練られた構成に感心しました。
ここまでできる調教技術っていうのも、きっとすごいんでしょうね。

…って、え〜、結局 アザラシは!?
おーちゃん、いてへんかった!

建物を出た所で、タイミング良く飼育員さんに遭遇しました。
桜太くんはショーの本編ではなく、その少し前に単独で出るそうです。
(待っている観客のための、前座みたいなもの?)
それもコンディションによってはパスする事もあり、
この日も2回目、3回目のショーの前に出るかどうかはわからない、と。

なかなか会うのが難しい子のようです。
珍しい動物が無数にいるアドベンで、
たった1頭のゴマフを求めさまよう羽目になるとは…

C7D_3142.jpg 後編につづきまーす。


※画像はクリックで拡大します

Hedge hog?

P3171368r.jpg@オホーツクとっかりセンター

※Click to enlarge image

アドベンチャーワールド(10/5)その3 海獣館のアザラシ後編

京水のハマちゃんそっくりな、ゴマフ・F・アザラシ に対して
ゴマフアザラシⒶのほうは、まるで胡麻斑が目立ちません。
黒地に白黄色?の、不思議な毛並み。

C7D_3464.jpg

ぱっと見るとまるで換毛中の時みたいな色の違いです。

C7D_3651.jpg C7D_3650.jpg

この子はよく底に転がってくつろいでいました。

PA055447.jpg めっちゃ無防備にひっくり返ってる

ガラス面と水面の両方が同時に見えるので、
まるでアザラシが2頭いるみたいな不思議な光景に。

PA055448.jpg PA055449.jpg 分身の術〜!

PA055443.jpg

泳ぎ回ってはいたけれど、活発な印象はなかったなぁ。
この子はけっこう年齢がいっているのかも?と思いました。

PA055429.jpg ヒョウアザラシ並の大あくび!

チラ見ですが、歯もちょっと黄色っぽかったか? やはり若くはなさそう。

一番印象深かったのは、何と言っても 爪の長さ
私はアザラシの爪フェチなので、必ずチェックするのですが…

C7D_3417.jpg 武器ですかそれ!?

「エルム街の悪夢」のフレディかっ

飼育下で、あまり爪がすり減らない環境にいるアザラシは
爪が伸びてくると大型犬用の爪切りでカットされます。
犬と同じで、あまり伸ばしっぱなしにしておくと
爪内部の血管や神経も伸びて、次に切る時に痛いし出血してしまうので
そうなる前に、まめにカットするそうです。

C7D_3423.jpg C7D_3427.jpg 1本抜けちゃっていますね。

園館によっては、よく陸場に上がって這い回る、
(岩のような)ゴツゴツした表面の場所に上がる、などで
その摩擦で自然にすり減るので、爪切りはしません。

給餌も見られなかったし、
ここの子たちがどんな1日を過ごしているかは分からないのだけれど…。
あの爪の長さだと、何かに引っかけたらすぐ折れそうで
見ているこっちがハラハラしてしまいますね
アザラシの爪はこんなに長くても、別に生活に支障はないのか、
もしくは何らかの理由で切らない(切れない)のか。

PA055451.jpg PA055455.jpg

反対側の隅っこで寝るのも好きみたいでした。

PA055453.jpg 背中の黄色いスポット。

何カ所かあったこのシミは、薬か何かを塗っているんでしょうか?
とにかく質問したくても、誰もいないのだった

PA055574.jpg 隣はラッコ水槽。

ラッコは給餌解説があったけれど
飼育員さんはバックヤードから出入りされるので、やはり質問するチャンスはなく…

アザラシは見ていてとても面白くて楽しい動物なのに、
ここの シケシケ感 は何なんでしょう…(←あくまで個人の感想です)。
せっかくゴマフが2頭いるんだから、もっと何とかならんのか。
この地味すぎる待遇、アザラシの存在をどう思っているんですか〜!?
おしえて! アドベンのえらい人!

PA055427.jpg この子たちの事、もっと知りたかった。

PA055500.jpg 腑に落ちないの。

ホッキョクグマをはじめ海獣がこーんなに集まっているというのに、
なぜか全体の雰囲気がしんきくさいのは??? すごくもったいなく感じます。
もうちょっと親しみやすい雰囲気で、
知りたい事がわかるような展示をしてくれたらな。
ってか、せめてアザラシの性別と年齢と出身地ぐらいは書いといて欲しい〜!

まぁ客なんて勝手なもので、言うだけは簡単ですが…
うーん、気を取り直して、次、行ってみよう!

(つづく)


※画像はクリックで拡大します
ブログ内検索
最近の記事
最新コメント
記事一覧
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
01  01  11  10  09  08  06  04  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  10  08  05  04  01  02  01  10  06  04  02  06  05 
リンク
WWF
profile

Mayuki.M

Author:Mayuki.M
好きなもの:アザラシとスコットランドとBUCK-TICKとCocco/仕事:編集デザイン関係/アラフォーだけどひそかに学生/ウイスキーのふるさと山崎在住/生まれ変わったら:アザラシになってアイリッシュ海に帰ります!

counter
pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。